コンテンツ

気になる体のニオイ。体臭の原因は?

気になる体のニオイ

一日中お仕事をしたあとの、足や体からでてくるニオイ、また中年以降になれば加齢臭も気になりだします。

加齢臭は、中高年以降になるとでてくる特有のニオイのことを言います。多かれ少なかれ、ある一定の年齢以降になれば、男女問わずだれでも出てくるものですので、仕方がないものでもあります。ある調査によれば、男女ともに約8割の方が加齢臭を気にしているという結果もあるようです。

現代は、ニオイに敏感な時代ともいえるのでどうしても自分のニオイは気になってしまうのでしょう。

ニオイの原因

汗のニオイ

夏の暑い季節やスポーツなどをした後にかく汗は、お肌の表面のエクリン腺という汗腺から出てきます。このエクリン汗腺から出てきた汗は、最初から臭う訳ではありません。汗をかいて時間の経過とともに、皮脂や垢が混ざり、雑菌が繁殖することで、少しずつあの汗臭いニオイが発生します。

また、足の裏には、エクリン汗腺が密集しているので、汗の量も多く、さらに靴下や靴によって通気性がわるいため、足は臭くなりやすいといえます。

加齢臭

加齢臭の元になる「ノネナール」という成分は、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで発生します。
40歳を過ぎると、酸化に対する抑制が低下するために、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加し、それに伴ってノネナールが急増します。
また、年齢だけでなく、食生活やストレスなどの生活習慣も、加齢臭に大きく影響します。

たとえば、アルコールや肉類ばかり食べるような不摂生な食生活は、皮脂腺にも脂肪酸が増えてしまい、ノネナールの量も多くなります。
さらに、ストレスによって、体内に活性酸素が発生すると、過酸化脂質も増加すると言われています。

ニオイを防ぐには

汗のニオイ

もともとは、無臭の汗が、垢や皮脂と混ざり合う事でニオイを発するため、汗をかいたらこまめにふき取ると、汗のニオイを抑えることができます。

また、この汗をふき取るときに、乾いたタオルで、すべて汗を拭きとってしまうと、余計に汗が出てきてしまうため、タオルを濡らして硬く絞ったものや、市販されているボディ用のティッシュで肌の表面に水分が残るようにふき取りましょう。

加齢臭

加齢臭を減らすには、原因成分の「ノネナール」を減らさなければなりません。そこで食生活の面からは、ノネナールの生成を抑えるためには、ほうれん草やカボチャなどに多く含まれる抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEなどを含む食品、さらにワインや、お茶に多くふくまれるポリフェノールやカテキン、大豆製品に多く含まれるイソフラボンも加齢臭の原因となるノネナールを減らすと言われています。

加齢臭に限らず、ニオイの対策としては、まずは原因物質を取り除くのが基本ですが、最近では、加齢臭という言葉が浸透するにつれて、加齢臭の専用の石けんなども発売されているようです。

ニオイの実験をしました!

実は、エミュールミネラルバスパウダーを愛用されているお客様から、「加齢臭や足のニオイ、汗のニオイが気にならなくなった」というご報告を多数く受けており、実際にエミュールミネラルバスパウダーによるものなのかを社内で実験をしてみました。
実験方法は、加齢臭の原因となる「ノネナール」という成分を製薬会社で購入し、「エミュールミネラルバスパウダー」と「さら湯」にノネナールをとかし、ニオイの強さを臭いセンサーで測定しました。
また、足のニオイについては、加齢臭と同様に酢酸をとかして臭いセンサーをで測定しました。

臭いセンサーの測定結果

加齢臭は約4%、足のニオイにおいては約42%、臭いが軽減されている結果がでました。

  • 加齢臭の測定結果 : バスパウダー有:457.0 さら湯 : 476.3
  • 足のニオイの測定結果 : バスパウダー有:24.0 さら湯 : 41.3

お風呂に浸かる習慣を!

最近はシャワーで済ませてしまう方も多いようですが、ニオイのケアから言っても、お風呂に入ることは大切です。
汗にしても、加齢臭にしても、毛穴にその原因となる物質がありますので、シャワー浴だけでは、どうしても洗浄しきれません。

お風呂に浸かることで、毛穴の皮脂や汗をきちんと洗浄してくれます。
さらに、エミュールミネラルバス―パウダーには、さら湯では落とし切れない、余分な皮脂も洗い流してくれるので、体のニオイが気になる方は、是非お試しになってみてはいかがでしょうか。


エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら