皮脂が多くなり、顔のテカリや頭皮が気になる季節!効果的なケアは?

 

これから暖かくなると、発汗に加えて、皮脂の分泌が活発になります。

その為、きちんとケアをしなければ、肌トラブルを招いたり、頭皮環境が悪くなって、抜け毛の原因になったり、髪の毛がべとついたり、嫌な臭いの原因にもつながる可能性があります。

脂性とかオイリー肌などとも呼ばれますが、体質だからと諦めずに、正しケアをして健やかなお肌と頭皮を目指しましょう!

そもそも皮脂の役割とは?

皮脂は皮脂腺から分泌される液体で、トリグリセリド、ワックスエステル(ろう)などを含む油状の物質で、皮膚を守るための役割があります。

では何から守るかといえば、外部からの刺激、乾燥、紫外線などから守るためにあり、実は、皮膚の強い味方なのです。

 それでは、皮脂についてもう少し詳しくみていきましょう

◆皮脂はどのくらい出てるの?

皮脂の分泌量は、性別、年齢、季節によって変化しますが、全身から出る皮脂は平均して約1グラムから2グラム位と言われています。

皮脂の分泌量が少ないと、皮膚や頭皮などが乾燥して、例えば肌が粉をふいたり、頭皮のフケが発生したりします。逆に、皮脂が多いと、毛穴が詰まったり、頭皮がべたついたりします。

また、気温が高くなると、分泌量は増加し、女性よりも男性の方が多く分泌され、20歳位をピークに、加齢とともに減少していきます。

 ◆皮脂が出る場所は?

皮脂は皮脂腺から分泌されますが、その皮脂腺は、毛穴と一緒に存在していますので、カラダの中で一番毛穴が多い、頭皮に皮脂腺が最も多く存在していて、たくさんの皮脂が分泌されています。また、顔よりも頭皮の毛穴は5倍以上も大きく、詰まりやすいと言われています。頭皮の毛穴が詰まっていたり、汚れたまま放置すれば、将来的に、薄毛や抜け毛などの原因になる可能性がありますので、正しく、定期的にケアをすることが大切です。

 ◆頭皮の正しい毛穴ケアとは?

頭皮に詰まるのは、約30%が皮脂や汗、残り70%が大気汚染物質、花粉、PM2.5、ウィルスなどの物質で、原因となる汚れは住んでいる環境や生活習慣などによって、人それぞれです。また、汚れを取るために使っているシャンプーや、髪を健やかに保つために使うトリートメントなどのすすぎ残しによって、その残留物や、髪をぬれたまま放置することで繁殖する雑菌も毛穴が汚れる原因になる可能性もあるため、注意が必要です。

そこで、最近は、毛穴よりも小さいバブルが発生する「ファインバブルシャワー」という特徴をもったシャワーヘッドが販売されていますので、そのようなシャワーヘッドを使うのもおススメです。

また、ファインバブルシャワーは、各メーカーごとに、バブルの発生する仕組み、バブルのサイズ、発生量、販売価格などが異なるため、ご自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

●●●ファインバブルシャワーの比較サイトはこちらから●●●

 更に、食生活の乱れや偏り、ストレス、睡眠不足など、生活のリズムや栄養バランスが崩れても、頭皮や髪にも悪影響を与えますので、規則正しい生活を心がけることも大切です。

 皮脂膜とは?

皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗などが混ざり合ってできたもので、よく「天然のクリーム」とも言われています。

お肌や頭皮の表面は、健康な状態であれば、天然のクリーム「皮脂膜」によって、うるおいが保たれています。しかし、皮脂が多すぎるとべたついたり、脂っぽくなったり、汚れや嫌な臭いの原因にもなり、ニキビなどができやすくなったりします。

また、少なすぎると、乾燥してかゆくなったり、頭皮の場合は、フケが発生しやすくなったりします。また、お肌を保護する力が弱まってしまうため、肌トラブルの原因にもなります。

 まとめ

一般的に、皮脂はなんとなく、不要で悪いイメージを持たれている方も多いのですが、正常な分泌量が保たれていれば、外界の刺激からカラダを守ったり、皮膚の表面に潤いを与えてくれる、なくてはならないものです。

そこで、正常な皮脂の分泌量を維持するためにも、シャンプーやクレンジング、洗顔料などの洗浄剤を選ぶ時には、は洗浄力が強すぎないものを選ぶようにして、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流すことも大切です。

●●●毛穴よりも小さいバブルが発生するミュール フファインバブルシャワーはこちら●●●