顔や体が乾燥する!ヒリヒリして痛かゆい!2つの原因と6つの対策

寒い季節になって、空気が乾燥してくると、肌が乾燥してかゆくなったり、ひび割れしたりすることはありませんか?

また、いつもは全く問題なく使っている化粧品や入浴剤が突然しみたり痛くて、慌てて洗い流した・・・なんて経験がある方もいらっしゃるのでは?

ここでは、顔や体の皮膚がヒリヒリとして痛くなったりかゆくなった時の考えられる原因と解消方法についてご紹介いたします。

顔や体の皮膚がヒリヒリして痛い原因は?

1.多くの方に当てはまるのは「バリア機能の低下」

皮膚は外側から表皮・真皮・皮下組織の3つの層から作られています。その一番外側にある表皮は「バリア機能」を形成するうえでは非常に大切で、4つの層からなります。表皮の一番外側が「角質層」、次に顆粒層、有棘層、基底層という層になっています。

私たちのお肌は、このバリア機能のお陰で、乾燥した空気、ホコリ、アレルゲンなど刺激から守るために、刺激からお肌を守るための構造を作り上げていますが、何らかのきっかけでバリア機能が低下することで、いつもならば問題ないような刺激に敏感になったり、炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

2.間違ったスキンケアや加齢による肌の菲薄化(ヒハクカ)

真皮、角質層が薄くなり、お肌の炎症が起こりやすくなるのを肌の菲薄化(ヒハクカ)と言います。
あまり聞きなれない言葉ですが、菲薄化になる原因は大きく2つあります。

(1)加齢によるもの
お肌は加齢によって、真皮層にあるお肌の弾力を保つ役割をしている成分「コラーゲン」や「エラスチン」などの量が減少して、皮膚が薄く痩せてゆきます。すると皮膚の水分量が低下して乾燥を招く原因となるのです。また女性ホルモンのエストロゲンはお肌の水分を保つ役割をもっていますが、更年期を境にして、減少して乾燥しやすくなったり、しわが増えてきます。このような、乾燥した状態ではお肌のバリア機能がしっかりと働かないため、外部からの刺激がお肌にダメージを与え、敏感になってお肌に炎症をおこしたり、ピリピリ、ヒリヒリとした刺激を与えたり、赤みを帯びた症状が現れます。

(2)乾燥やゴシゴシ洗いなどによる「摩擦」によるもの
洗顔時や入浴時カラダを洗う時に、ゴシゴシと洗いすぎてしまう方は、「ゴシゴシしないと洗った感じがしない!」とか「きちんと汚れが落ちていない感じがして、すっきりしない!」と思っている方が多いようですが、そのゴシゴシ洗いが肌トラブルの原因になっていることは多くあります。まずは、正しいスキンケアを知ることが大切です。最初は洗った気がしない!と思っても、そこをグッと我慢して、「ゴシゴシ洗い」から卒業しましょう。

顔や体の皮膚がヒリヒリして痛いときの対処法は?

お肌がヒリヒリしたり、痛い時には、その症状を鎮めることが大切です。すぐにお薬にたよるのではなく、
まずは出来ることがら試してみましょう。

1.かゆみを伴うヒリヒリの場合、まずは「冷やす」

どのような原因でも「かゆみ」の症状があるときは「冷やす」ことで症状が収まることがあります。搔きたくなるとは思いますが、そこをグッとがまんしてまずは、保冷剤で冷やしてみましょう。また保冷材で冷やす際は、直接お肌に充てるのではなく、ハンカチやタオルでくるんで、患部にあてるようにします。また、タオルでは生地が厚く患部まで冷えない場合は、手ぬぐいのような薄手のもので試すのもおススメです。

 2.クレンジングの「洗浄力」&洗顔時の「摩擦」どちらも「優しさ」がポイント

洗浄力が強すぎるクレンジングや洗顔料、また、身体を洗う時にもゴシゴシ洗うなど、
強すぎる摩擦によって、お肌のバリア機能が低下してヒリヒリした症状がでている可能性もあります。

まずは、クレンジングや洗顔料は、メイクの濃さに合わせて選ぶようにしましょう。

少し面倒かもしれませんが、例えば、アイメイクは少し洗浄力の強いものを使い、
それ以外は洗浄力の弱いもの・・・といった感じで。そして、洗い流す時には、
こすらずに、短時間で洗い流すようにしましょう。

身体を洗う時も同じく、基本的にボディソープは皮脂が落ちすぎてしまうものが多いので、固形の石鹸の方が、基本的には洗浄力が穏やかです。

 3.「エミュール ファインバブルシャワー」で
  毛穴の中までしっかり洗い流しましょう

ちょっと、宣伝のようになってしまいますが・・・(^-^;
洗い流す際に、ナノサイズ、ミクロサイズが発生する「エミュール ファインバブルシャワー」を使う事で、
毛穴の中の皮脂や汗、またクレンジング剤や洗顔料、ボディソープなどの洗浄剤もしっかりと
洗い流してくれるので、シャワーヘッドをエミュール ファインバブルシャワーに付け替えただけで、
トラブルが解消した・・・というお声をよく頂きます。

「エミュールファインバブルシャワー」のバブルは0.1ミクロン以下です。
ちなみにバブルの数量は2億個以上です。

ご参考までに・・・毛穴は100から300ミクロンと言われておりますので、毛穴よりも小さいバブルが毛穴の中に入り込んで、汚れや洗浄剤を洗いながしてくれるので、トラブルが解消される事があるようです。

4.保湿は「顔」と「ボディ」も忘れずに!

女性はお化粧前にはしっかりと化粧水、クリームなどで保湿するのは当たり前の習慣になっておりますが、
ボディの保湿については、面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか?
ただ、顔も体も同じ皮膚一枚でつながっていて、顔と同じように保湿はとても大切です。
特に、冬の寒い季節は空気が乾燥しているので、身体がかゆくなる人が多いです。

ただ、冬こそ、ボディクリームを塗った方が良いのですが、
お風呂上りは体が冷えないようにすぐに服を着たくなりますし、
夏のお風呂上りは汗をかくので、クリームを塗りたくない・・・季節問わず、
ボディの保湿は面倒くさい・・・という方も多いのでは??

そんな方には、保湿効果のある入浴剤を利用のもおススメです。

5.エミュールミネラルバスパウダーならば、
「汚れを落とす」&「保湿」が同時にできる!

エミュールミネラルバスパウダーは、5つの無添加「合成香料、合成着色料、鉱物油、合成界面活性剤、防腐剤」ですので、市販のいい香りの入浴剤を使ったら、肌がヒリヒリしてしまって、入浴剤は使えない・・・という経験をしたことがある方にも、是非お試し頂ければと思います。

使い方は超簡単で、浴槽のお湯に溶かして浸かるだけで、身体の余分な角質や皮脂を穏やかに落として、キレイなったお肌をしっかりと保湿します。お風呂上りのボディケアが面倒・・・という方にはおススメです。また、石鹸などでゴシゴシ洗いも不要ですので、お湯に浸かるだけでいいので、体を洗うのが面倒時、疲れた時、お肌の乾燥が気になる方におススメです。さらにお風呂の残留塩素も緩和する効果があるので、塩素が気になる方、お肌の弱い方も安心です。

6.刺激物やアレルギー物質はなるべく含まれていない商品選びが大切!

保湿の為に使う化粧品、ボディクリーム、入浴剤などに含まれている成分に、
お肌の刺激になる成分が含まれていることがありますので、できるだけそのような物質が含まれない商品を
選ぶようにしましょう。また、ご自分がどの成分に弱いか、何がアレルゲンになっているかを知るため、
病院などでアレルギー検査を受けてみるのもおススメです。

      ↓ ↓ ↓ 角質ケアと保湿が同時にできる入浴剤はこちら ↓ ↓ ↓  

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら

 

 

   ↓ ↓ ↓ 毛穴の底まで、きれいに洗浄できるファインバブルシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら