頭皮や毛髪のトラブルの原因は”角栓”にあった?!

 

「角栓」と聞くと小鼻の黒いブツブツとした汚れを連想される方が多いのではないでしょうか?

実は角栓は、頭皮の毛穴をふさぐこともあり、その結果様々な悪影響を及ぼすことがあります。

ここでは、角栓が頭皮に与える悪影響や、頭皮の角栓の除去方法をご紹介したいと思います。

そもそも角栓って何??

髪の毛の根本を見ると白い塊のようなものが見られますが、これが角栓です。

角栓とは、簡単にいえば皮脂と角質が混ざり合って固まった老廃物のことで、誰もができるものでもあります。角栓は皮脂が約30%、タンパク質が約70%の割合でできていて、特に脂性の人は角栓ができやすいタイプと言えます。

頭皮の老廃物は皮膚がフケとなってはがれ落ちたものであったり、毛穴から汗と一緒に排出される老廃物で、毎日洗髪をしていたとしても、多少なりとも頭皮には存在しています。

1 角栓が及ぼす5つの頭皮への悪影響

(1)炎症がおこりやすくなる

毛穴の周辺が角栓でふさがれる毛穴の皮脂が頭皮に出ることが出来ず、過剰な皮脂が毛穴の中にとどまってしまい、炎症を起こしやすくなります。

(2)悪臭の原因になる

角栓は古くなった角質と酸化した皮脂からできているため、雑菌が増えやすくなり、過剰な皮脂分泌が続くことで、皮脂が酸化して悪臭の原因にもなります。

(3)薄毛の原因になる

生えてきた毛髪に張りがなく、細くて弱々しいため全体的に薄毛に見えてしまうことがあります。

(4)育毛剤の効果が発揮できない

育毛剤をつかっても、毛穴に角栓が詰まっていることで、有効成分が浸透しにくく、本来の効果が期待できない可能性があります。

(5)血行不良の原因になる

毛穴に角栓が詰まることで、髪の毛を圧迫したり、頭皮の血行不良を引き起こすことがあります。さらに角栓によって、雑菌が増えて毛髪を生産する毛母細胞の働きが悪くなり、薄毛や抜け毛の原因にもなることがあります。

2 頭皮に角栓ができる3つの原因

(1)皮脂汚れがのこっている

角栓とは古くなった角質と皮脂によってできた皮脂汚れのことを言います。毎日シャンプーをしていたとしても、毛髪ばかりに気を取られて、きちんと頭皮を洗っていないと頭皮の毛穴の皮脂腺から出てきた皮脂と頭皮の角質によって、角栓が出来てしまいます。

(2)リンスやトリートメント、整髪剤などの残留によるもの

リンスやトリートメントのすすぎ残し、またジェルやワックスなどの整髪剤が頭皮に残留していることで、毛穴につまりそれが角栓の原因になることがあります。

(3)洗いすぎる

頭皮を清潔にしようとして、必要以上にゴシゴシと頭皮を洗うことで、頭皮が乾燥しやすくなり、そのため、皮脂の過剰分泌を招く原因となります。また、過剰分泌された皮脂と乾燥した頭皮は角栓ができやすくなるだけでなく、炎症も起こしやすい状態となり、洗いすぎることで悪循環を招きます。

3 角栓のを除去する方法とポイント

角栓は基本的にはシャンプーでしっかりと汚れや余分な皮脂を除去することが大切です。そこで、シャンプーをする際のポイントを押さえておきましょう。

1. 洗髪する前に、ブラッシングして頭皮や髪についた汚れや整髪剤をあらかた落として、おきます。一見汚れていないようでも、髪をとかしたクシをみると意外と汚れがついていますよ!

2. 次に、毛穴が開きやすくなるように、お湯で頭皮をマッサージしながらもみほぐします。

3. シャンプーは髪の根本から少し離れたあたりにつけて、根本から空気を入れるようにして泡立てながら、指の腹を使い優しく、丁寧にこめかみから頭頂部に向かって洗います。次に、おでこの生え際、最後はうなじから、それぞれ頭頂部に向かって指をジグザグに頭皮を動かすように洗います。

4. 最後は、頭皮にシャワーを当てて、髪をかき分けながら、すすぎ残しが無いように、しっかりと洗い流します。

4 角栓を除去する際の注意点

1. 皮脂を取り過ぎないように、38度くらいのぬるめのお湯で洗いましょう。

2. 洗浄力が高いシャンプーだと、汚れだけでなく必要な皮脂まで取れすぎてしまうので、洗浄力が高すぎないシャンプーを選び、洗いすぎには注意しましょう。

3. 皮脂が取れすぎることで、頭皮が乾燥してしまいます。すると、頭皮は乾燥から頭皮を守ろうとして、皮脂が余分につくれられて、頭皮は乾燥しているのに、皮脂が過剰分泌されているという悪循環を繰り返してしまいます。まずは、焦らずに時間をかけて頭皮の角栓を除去していきましょう。

 

5 角栓除去におススメ!話題のファインバブルシャワー

最近、ファインバブルシャワー、マイクロバブルシャワーといった、通常のシャワーヘッドと比較して、洗浄効果や美肌効果が期待できるシャワーヘッドが販売されています。

これらのシャワーヘッドはいくつかのメーカーから発売されておりますが、発生方法がそれぞれ異なり、それによって、バブルの数やサイズも各メーカーごとに異なります。また、普通のシャワーヘッドと比較しても、少し高額な商品ですので、きちんと確認してから購入するようにしましょう。

一般的なファインバブルの特徴や「エミュールファインバブルシャワー」の特徴がよくまとまったサイトを発見しましたので、是非ご参考にしてみてください。

◆マイクロバブルのシャワーヘッドで究極の美肌ケアが叶う秘密とは

https://ohuro-tansac.com/shower-head-microbubble/

◆エミュールのファインバブルシャワー使ってみた2週間レビュー

https://ohuro-tansac.com/emur-finebubble-shower-review1/

◆エミュールのシャワーヘッドに変えたらアラフォーが20代に!

https://ohuro-tansac.com/emur-shower-head-review2/

 

まとめ

頭皮の角栓があることで、抜け毛、悪臭などトラブルを招く原因にもなります。そこで、できてしまった角栓は正しい方法でシャンプーをして除去し、さらには角栓を作らないよう、頭皮の皮脂を取り過ぎず、汚れを落とすことが基本だということが分かりました。