しぶとい二の腕&太ももの脂肪はセルライト!温めてマッサージを!

 

ダイエットをして目標体重になっても「二の腕と太ももの脂肪がおちない!」という経験をしたことはありませんか?女性にとって、キュッと引き締まった二の腕や太ももは憧れでもあります。

ここでは、二の腕と太ももを引き締めるための効果的なケアについてご紹介します!

どうして二の腕や太ももは痩せにくいの?

どんなにダイエットをして、目標体重に到達しても、二の腕や太ももは一旦脂肪がつくと、思ったようにほっそりとはしてくれません。その一番の原因として考えられるのは「セルライト」です。

今さら聞けない、そもそもセルライトってどんなもの?

「セルライト」とは血液の流れやリンパの流れが滞ることで体内の老廃物がたまり、脂肪細胞とその溜まった老廃物がくっついてしまった状態のことです。

加齢や運動不足によって、基礎代謝や筋力が低下することで、血液やリンパの流れが悪くなって、「冷え」や「むくみ」を招きます。そしてこの「冷え」や「むくみ」こそがセルライトができる原因になります。自分の二の腕や太ももを触ってみて、冷たくなっている場合は、皮下脂肪が固まってセルライトになっている可能性があります。

セルライトを除去するためには、まずは身体をよく温めて、血流やリンパの流れを良くして、マッサージをするのが効果的です。また、時間が経って固まってしまったセルライトはセルフケアでは解決するのが難しくなりますので、気が付いたらできるだけ早めに、そして根気よくケアをしましょう。

二の腕と太もものセルライトを解消するマッサージの方法

セルライトとして、体内に溜まってしまった老廃物は、脂肪細胞から引き離して、リンパへと流して排泄させます。そこで効果的なのが「マッサージ」です。また身体が冷えた状態ではリンパも血液も流れが悪いため、入浴中や入浴後の身体が温まって血行が良くなっているときに行うようにしましょう。

また、入浴後にマッサージする場合は、マッサージの摩擦によって、肌に負担がかかり過ぎて、皮膚を傷める可能性があるため、マッサージオイルやクリームで滑りやすい状態で行ってください。

■Step1■ よく、もみほぐす

まずは、二の腕や太ももの冷たくなっているところを摘まんだり押したりしながらよく、もみほぐします。

二の腕の場合は、腕全体を良くもんでやわらかくして、肘の辺りから、ワキの下のリンパに向かってマッサージをするようにします。

太ももはつまみにくいので、摘まんだときに爪で皮膚を傷つけないように、気を付けて摘まんで下さい。

■Step2■ 絞り上げる

二の腕と太ももをよく揉みほぐしたら、次は雑巾をしぼるようなイメージで二の腕と太ももを絞ってあげましょう。まずは左の二の腕を右手で下からつかみます。そして右手で左腕をつかんだまま、左手を内側に倒すようにすると自然と腕をひねることが出来ます。また、反対の腕も同じ手順で行ってください。

太ももの場合は、両手で太ももをつかんでしっかりと絞り上げましょう。二の腕よりもつかみにくく、多少力が必要になりますが、少しずつ絞る場所をずらして、太もも全体をくまなく絞りあげるのがポイントです。

■Step3■ リンパへ流す

最後にセルライトにたまっていた不要な老廃物をリンパへと流して、排出させます。流す時は、手を握って「グー」の状態にして手首から腕の付け根に向かって擦るようにして老廃物を流していきます。この時指の第二関節の辺りを使うと力が入りやすく流しやすいです。

また、太ももはヒザから足の付け根に向かって二の腕と同様に下から上へと流して下さい。

最後に二の腕の付け根と太ももの付け根をもみほぐすようにマッサージをして終了します。

まとめ

二の腕や太もものしぶといセルライトは、月に1度のエステでマッサージしてもらうのもいいのですが、それと同時に日々のケアも大切です。入浴と同じように毎日の習慣として常にリンパや血液の流れを良くしておけば、セルライトはつきにくくなりますので、頑張って続けてみてくださいね!

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 体を芯まで温める美肌&泡風呂無添加入浴剤 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら