気になるほうれい線!原因を知って予防&改善をしましょう!

 

30代頃から気になり始める方が多い「ほうれい線」。ほうれい線は顔の中心にできるため、目立つ上に、かなり老けた印象になります。

また、一度ほうれい線ができてしまったらシミやソバカスのように化粧品でカバーするという訳にはいかないのも厄介です。

出来ればほうれい線を作らず、もしできてしまったら、できるだけ目立たないように早めに改善しましょう。

ここでは、ほうれい線ができる原因と予防や改善のエイジングケアをご紹介します。

ほうれい線とは?

「ほうれい線」は目尻やおでこのシワのように、名前を聞いただけでは具体的な場所は分かりませんよね。特に美容に興味のない方には「ほうれい線」といっても、その場所はピンとこない方も多いかもしれませんね。そもそも「ほうれい線」は、中国における面相学で使う「法令紋」という呼称から誕生した呼び名です。「法令紋」は顔の小鼻の脇から口の端までのびる長い溝のようなもので、普段は目立たないのですが、笑ったり表情を変えた時に、年齢問わず誰でも「法令紋」は出現します。

このように誰でも出現する「ほうれい線」ですが、厄介なのは、加齢とともに、皮膚がたるんでくると、笑ったり、特別表情を変えていないときでも、ほうれい線がシワや影のように目立ってしまう事です。さらに「ほうれい線」が目立つことで、「見た目年齢」が上がり、老け顔にみられたり、疲れた顔の印象を与えてしまいます。

ほうれい線が目立つ主な原因は?

「ほうれい線」は加齢とともに目立ちやすくはなりますが、若い人でも目立つこともあれば、かなりの高齢でも目立たない人もいます。そこでほうれい線が目立つ主な原因をご紹介します。

■お肌が乾燥している

美容にとって大敵といわれるお肌の乾燥はシワやたるみの原因にもなります。多少のタルミたるみであればスキンケアや生活習慣を見直すことでハリを戻すことが出来ますが、放置したままにしておくと、乾燥が慢性化して、たるみが進行しビシッと「ほうれい線」が目立つようになってしまいます。そこで、「ほうれい線」に刻まれる溝やシワができないように、お肌の乾燥を防ぎしっかりと保湿ケアをしましょう。

■紫外線による影響

紫外線を浴びることで、お肌のシミやソバカスが発生するだけではなく、UV-Aという波長の長い紫外線によって肌の奥にある真皮まで影響を及ぼし、皮膚の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンを減少させてしまいます。その為皮膚がたるみ、ほうれい線の深い溝やシワが刻まれる原因になります。

■喫煙による影響

「喫煙」は美容に悪影響を及ぼすということをご存じの方も多いと思いますが、その理由はこうです。タバコを吸った瞬間、体内の毛細血管は一瞬にして収縮しますので、血行不良を起こしやすくなります。血行が悪くなると、皮膚にも十分な酸素や栄養が行きわたらなくなり、栄養不足となったお肌は老化を早めてしまいます。そのため喫煙はほうれい線に限らず、顔全体がくすんでツヤを奪ってしまうなど、肌全体の調子が悪くなる原因にもなります。喫煙習慣のある方は、美容のためには控えることをお勧めします。

■食生活の乱れ

栄養が偏った食事やダイエットなどでビタミンやミネラルが不足することで、肌荒れ、肌のハリ、弾力が奪われてほうれい線も目立つようになります。食生活が乱れると、てきめんにお肌に影響を与えます。そこで過度なダイエットなどで食事量を減らしたりしないように、毎日の食生活を見直して栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

■加齢による影響

若い人でもほうれい線が目立つ人はいますが、とはいえ、加齢による肌のたるみは「ほうれい線」に深く関係しています。そこで、できるだけ「ほうれい線」が目立たないように毎日のスキンケアや生活習慣を見直して以下のような対策をしましょう。

ほうれい線を目立たせないようにする効果的な対策は?

■毎日のお手入れでは、しっかり保湿する

お肌が乾燥するとハリがなくなって、シワやほうれい線が目立つようになります。更に乾燥肌によってお肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響も受けやすくなります。そこで、お風呂上りや洗顔後は、たっぷり化粧水を塗り、その後は美容液やクリームなどでしっかりと保湿をするように心がけましょう。特に保湿効果の高い成分である「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」などが配合された化粧品がおすすめです。また最近は化粧水や美容液がしみ込んだシートマスクが販売されていますが、このようなマスクを使ったり、マッサージを行うのも効果的です。

■表情筋を鍛える顔の体操

体の筋肉は加齢とともに、減少してきますが、顔の筋肉も同じように減少します。そこで、様々な表情を作って、顔の筋肉の衰えを予防しましょう。

<顔の体操の方法>

  • 口を閉じて舌で頬の内側をなぞるようにくるくると回す動作を時計回りに10回転、その後反時計回りに10回転行い、これを2回繰り返します。
  • 大きく口を開けて「あ~」というような動作を10秒間行います。この時声は出さなくてOKです。その後「い~」「う~」「え~」「お~」と同じように10秒間行い、この動作を5回繰り返します。こうすることで表情筋が鍛えられて、ほうれい線や顔のたるみの予防ができ、さらに二重あごなどのたるみにも効果的です。この顔の体操は小顔効果も期待でき、どこでもできるエクササイズですので、是非会いた時間を利用して毎日行うようにしましょう。
まとめ

日々の食生活やスキンケア、また「顔の体操」でほうれい線を目立たなくすることは可能です。諦めずに毎日のお手入れをしていつまでも若々しくいたいものですね!

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ エイジングケアの新素材!「ヒト幹細胞美容液」はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら