ダイエット中の方必見!基礎代謝を上げるための5つの習慣とは?

 

いつもとかわらない生活をしていても、年齢とともに太りやすくなってきた・・・と感じることはありませんか?その一方で同年代でもいつまでたっても体型が変わらない人もいたり。もしかたら、それは基礎代謝が高い人と低い人の違いかもしれません!

ここでは、基礎代謝を上げるための習慣をご紹介します!

基礎代謝は高いほど太りにくい!

代謝の種類には「活動代謝」「食事誘発性熱産生」「基礎代謝」の3つのタイプがあります。

■「活動代謝」・・・

歩いたり、運動をしたり体を動かすことで消費されるエネルギーです

■「食事誘発性熱産生」・・・

食べ物を食べると体内で消化活動がおきますが、この時に消費されるエネルギーです。

■「基礎代謝」・・・

1日に消費されるエネルギーの約70%を占めており、自発的に体を動かさない時に使うエネルギーです。例えば眠っている時でも、生命を維持するために心臓が動いたり、体温を維持する為に消費されるエネルギーです。

基礎代謝が下がる理由は?

このように3つの代謝のなかでも約70%を占めている「基礎代謝」が高ければ高いほど、エネルギーが消費されるため、太りにくくなり、ダイエットにも効果的です。

さらに基礎代謝の40%は筋肉で消費されていますが、筋肉は20代を境にして徐々に低下していきます。40歳を超えると1年で1%減少するとも言われていて、そのため、加齢とともに基礎代謝が低下して、太りやすくなってしまいます。逆に年齢を重ねても体型をキープできている人は、日ごろから運動をして筋肉を維持できているといえます。

基礎代謝が高い人が行っている5つの習慣とは?

【1】朝起きたら、まずはストレッチ

朝起きたら、まずは太陽の光を浴びて体を動かすことで、しっかりと目覚めて、活動的に動くことが出来ます。その時にベッドの上で足を上げたり、前屈をしたり、腕をのばすなどの簡単なストレッチなどをして、血行を促進させて基礎代謝をUPさせましょう。

【2】朝食はしっかりめに、1日3回きちんと食べる

基礎代謝が高い方は、朝昼晩と1日3食バランスの良い食事をしている方が多いようです。特に朝は食欲がないからと、スムージーやスープなど済ます人も多いようですが、できるだけ朝はしっかり食べて、夜にむけて少しずつ量を減らしていくとダイエットにも効果的です。

【3】食べ物は体を温めるものを選びましょう

基礎代謝を上げるには体を冷やさないことが大切です。

そこで体をあたためる温かい飲み物や豆腐、アボカド、アーモンド、生姜など体を温める効果のある食材も摂取するように心がけましょう。

【4】適度な運動

基礎代謝が下がる原因の一つに、筋肉量の低下が有ります。基礎代謝を高めるためには、適度な運動を取り入れて、筋肉量をキープすることが大切です。適度な運動というと、簡単にできるウォーキングやジョギングを思い浮かべる方も多いと思いますが、筋肉量をキープするためには、スクワットや階段の上り下りなど、筋肉に負荷をかけるような運動をとりいれることが大切です。

【5】入浴はできるだけ、浴槽につかるようにしましょう

基礎代謝を上げるためには、体を温めることが大切と書きましたが、体を温めるのに最も効果的なのが入浴時にシャワーで済まさずに、お風呂に浸かることです。ゆっくりとお風呂に浸かって体を芯から温めることで血流が促進されますので、代謝を高めるのに効果的です。また、体を芯から温めるためには、38度~40度位の少しぬるいと感じるくらいのお風呂に10分〜15分位浸かるのがおすすめです。逆に、熱いお風呂に浸かると一気に体の表面が温まり、短時間でドバっと汗をかくこができますが、その場合、急激に上昇した体温を下げようとして汗をかいて逆に体を冷やすことになってしまいますので、くれぐれも気を付けて下さいね!

またお風呂上り、体が温まっている状態の時は血液やリンパの流れも促進されていますので、ストレッチやマッサージなどをして筋肉をほぐしてあげると柔軟性もUPして、より効果的です。

まとめ

代謝を高めるための5つの習慣をご紹介いたしましたが、どれか習慣になっているものはございましたか?全てではなくても良いので、できることから一つずつでも普段の生活に取り入れて基礎代謝をUPしていきましょう。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 保温効果と保湿効果の美肌泡風呂入浴剤はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら