気になる汗のニオイ!あなたは大丈夫?

 

どんなにオシャレに気を使っていても、発汗や皮脂が分泌することで嫌なニオイが発生します。ニオイは自分では気が付かないことが多いため、知らず知らずのうちに人から印象が悪くなることもあるので、気をつけたいところです。

ここでは、汗のニオイの原因と対策についてご紹介いたします。

男女問わず、気になる「汗」のニオイ

身体の中でもワキは汗をかきやすい場所でもあります。制汗スプレーを使用している人も多く、気にしている方も多いのではないでしょうか。では、汗はどうして臭うのでしょう。汗がでる汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があって、「エクリン腺」

から発生する汗は弱酸性で、99%は水で残りは塩素やナトリウム、カリウム、尿素、アンモニアなどの成分が含まれています。一方、「アポクリン腺」から発生する汗は70~80%が水分とクリエン腺よりも少なく、タンパク質、脂肪、尿素、アンモニアなどの成分が含まれています。

汗のニオイは、皮膚の常在菌が原因です

「アポクリン腺」の方がニオイがあると言われていますが、実は汗そのものは、みなさんが気にするようなニオイを発生しているわけではありません。

汗が臭う原因は、汗に含まれているタンパク質や皮脂などが皮膚表面のホコリや垢などとくっつき、さらに皮膚表面に存在している、常在菌がこの汗を分解し、変質させることで、汗の嫌なニオイへとかわるのです。

さらに、最近では暑い夏でもエアコンのお蔭で、汗をかくことも少なくなりました。そのため汗腺の働きが衰えて、血液中にふくまれるミネラル分をろ過する働きが低下してしまい、汗の中にミネラル分が多く含まれる傾向にあります。このようにミネラル分を多く含む汗は粘度が高く、蒸発しにくいため、体温調節がうまく行われません。そして汗に含まれるアンモニア成分が多くなってしまう為、皮膚上面の雑菌が増殖して、ますます汗のニオイが強くなってしまいます。

汗のニオイ対策は?

汗のニオイ対策として、何よりも皮膚を清潔に保つことが大切です。とくにワキは汗をかきやすく、さらに蒸れやすいため、雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。

そのため、外出前にはデオドラント剤などを利用してニオイ対策をしましょう。

また、汗をかいたら、皮膚表面の常在菌と反応させないように、外出時でも、濡れたタオルや制汗シートなどで、こまめにふき取るとうにして、できるだけ皮膚を清潔に保ちましょう。そして帰宅したらすぐにシャワーを浴びて汗を洗い流し、清潔な下着や衣類に着替えましょう。

シャワーを浴びる時の注意点は?

シャワーを浴びる時は、洗浄力の強いボディーソープでゴシゴシと洗うと、雑菌以外のお肌に必要な常在菌まで洗い流してしまうため、逆効果になってしまうこともあります。

そのため、あまり洗浄力のつよいボディーソープはおススメできません。

汗をコントロールしてニオイ対策!

水分が多い汗は蒸発しやすい弱酸性の汗は。皮膚の常在菌の増殖を抑える効果があります。そこで、汗をかきにくい体質の方は、軽い運動や入浴などで、あえて汗をかくようにするのもおすすめです。

まとめ

特に夏の暑い季節はたくさんの汗をかくため、ニオイを気にされる方も多いと思います。

健康な身体にとって、汗をかくことは大切なことですが、時として嫌なニオイを発してしまいます。とはいえあまり神経質にならずに、汗をかいた後や汗をかく前などに、しっかりと汗対策をして快適な夏を過ごしましょう。

 

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 気になる汗のニオイ、毛穴の中までキレイに洗浄できるナノシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら