風邪を引いた時お風呂は入っていいの?風邪の時の入浴の注意点

 

子供の頃「風邪を引いた時には、お風呂に入ってはいけません!」と言われたとありませんか?子供の頃に言われた事に何の疑問もなく、大人になってもそう思い続けている方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、風邪を引いた時は熱が出て、普段より汗をたくさんかくため、お風呂に入ってさっぱりしたいという気持ちもありますよね。

ここでは、風邪をひいた時のお風呂について、最近の情報をご紹介します。

風邪を引いた時、お風呂は入った方がいいの?入らない方がいいの?

風邪をひいた時の入浴については、医学的に検証されている訳ではないため、現状では正確な答えはないようです。

ただ、最近では特別な状況を除いては、お風呂にはいることは特に問題はないと言われています。

風邪をひいた時にお風呂に入るメリット

  • 汗を流して免疫力UP

風邪を引いている時、特に発熱している時は、普段よりも汗をかきます。そのため、入浴して皮膚を清潔にすることで、スムーズに発汗しやすくなり細菌やウィルスに対する抵抗力もUPします。

  • 体温を下げる効果が期待できる

お風呂に入ることで、体温が上がると体が熱を逃がそうとして汗をかきますが、この時、解熱剤に比べて緩やかに、そして自分の身体で体温調節をするため、自然な形で体温を下げることができます。

ただし、疲労感がでるほど長湯したり、熱いお湯に浸かることで体力を消耗してしまい、逆効果になりますので、その点は注意しましょう。

  • 血行促進効果

血流やリンパの流れもよくなり、血管が拡張るため、鼻づまりが解消しやすくなったり、筋肉のこわばりを和らげる効果が期待できます。

  • 浴室の湿度によるウィルスの抑制効果

浴室内の湯気によって鼻や口などの粘膜を保湿し、保護します。また、ウィルスの活動を抑制する効果も期待できます。

  • 免疫力UP効果

体温が上がることで免疫細胞が活性化して免疫力UPの効果が期待できる

風邪の時はお風呂に浸かるのと、シャワーどちらがいいの?

お風呂に浸かるのが良いか、シャワーですませるのがよいか・・・これについても医学的には検証されておりませんが、次のような事が考えられますので、以下の内容を参考にしてみてください。

【お風呂に浸かる場合】

身体の冷えを防ぐということでは、お風呂に浸かって体を温めるのに向いています。

【シャワーで済ませる場合】

入浴することで体力が消耗されるのを防ぐという点では、シャワーですませる方が良いと思われます。ただ、シャワーの場合なかなか体が温まらないため、長時間シャワーを浴びて、体力を消耗する可能性もありますので、注意が必要です。また、湯冷めしやすいため、浴室や脱衣所などをしっかりと温めておきましょう。

お風呂に入らない方が良い時の判断基準は?

前述したように、風邪をひいた時にお風呂にはいるメリットもありますが、時には控えた方がよい場合もあります。

■高熱の場合は控えましょう

例えば、熱が38度以上の高熱の場合は入浴をすることでさらに体温が上昇するため、体力が消耗しやすくなります。高熱がでている時には体力が消耗していて、意識が朦朧としていることもあり、その状態でお風呂に入ると、ふらついたり、倒れてしまう可能性もありますので、控えるようにしましょう。

■嘔吐や下痢をしている

嘔吐や下痢の症状がみられる場合は、水分が失われやすい状態にあり、さらに入浴することで、汗をかいて脱水を助長するため、入浴はおすすめ出来ません

■悪寒がする

悪寒がするときは、これから熱が上がる・・・というサインですので、お風呂に入るのは控えましょう。

■頭痛がする

お風呂に入ることで、血管が拡張されて、さらに頭痛が悪化する可能性があるので、お風呂にはいるのは控えましょう。

■その他

全身の倦怠感、めまい、ふらつきなど、気分がすぐれずに辛い時には、入浴は控えるようにしましょう。

風邪をひいた時の入浴方法

・お風呂の温度

医学的に検証されている訳ではございませんが、のぼせない程度の38度~40度位がおすすめです。

・入浴時間

長湯は禁物です。数分程度にとどめるようにしましょう。また立ち上げる際、立ちくらみなどを起こして転倒しないように十分に注意してください。

・洗髪について

髪を洗う事で、身体が冷えないように、短時間でサッと洗い上げるようにしましょう。

風邪を引いたときのお風呂に入る注意点は?

湯冷めに注意

入浴後、身体が冷えて逆に熱が上がってしまう事が有りますので、浴室、脱衣所、またお風呂から上がった時に行く部屋(寝室やリビング)なども暖めておきましょう。また入浴後はすぐにドライヤーで髪を乾かし、身体を冷やさないように十分注意しましょう。

しっかりと水分を補給

熱がでて体は発汗しやすく、脱水症状になりやすい状態となっています。その為、入浴前と入浴後は十分に水分を補給するようにしましょう。また、お茶やお水よりもナトリウムなどの電解質が含まれたスポーツ飲料の方がおすすめです。

まとめ

風邪を引いている時は、何よりも充分な栄養をとって、体を安静にして休めることが大切です。

お風呂にはいるのは、身体を清潔にしたりリフレッシュする効果もある反面、湯冷めして風邪が悪化したり、浴室でふらついて転倒してケガをする危険もありますので、無理をせずに判断してくださいね。

この記事を読まれている風邪をひかれている方、くれぐれも無理せず、お大事にしてくださいね♪

 

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 浸かるだけでOKの簡単入浴剤はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら