【必見!お尻のスキンケア】ざらつきを除去して、思わず触りたくなるスベスベ尻に♪

 

お尻は常に隠れているところで、人に見せるものではありませんが、お尻にブツブツができていたり、ザラツキがあるとやっぱり気になってしまいます。

顔や髪のように、見えるところだけではなく、大人の女性として見えないお尻にも気を配り、お尻もスキンケアをしてあげましょう。

ここでは、スベスベでつるんとしたお尻になるためのスキンケアについてご紹介いたします。

洗顔と同じように優しく丁寧に洗いましょう。

顔を洗う時には、たっぷり泡立てて優しく洗う・・・など意識をしている方は多いとおもいますが、お尻を洗う時はいかがですか?

お尻はお顔とくらべると皮膚が厚いため、丈夫ではありますが、やはり力任せにゴシゴシ洗うのは禁物です。洗顔と同じように、たっぷりの泡を立てて優しく洗うようにしましょう。

また、お尻に黒ずみができやすいのは、椅子に座ったりすることで起こる摩擦が原因です。

黒ずみを解消する意味でもゴシゴシ洗いではなく、優しく洗うようにしましょう。

また、お尻は自分では見えない場所で、さらに手も届きにくいという事もあって、意外とすすぎ残しがある所です。

石鹸やボディソープは皮膚に残っていると、ニキビができたり肌荒れの原因にもなるので、手を使ってしっかりとすすぐようにしましょう。

お尻のザラツキが気になる時には角質ケアを!

お尻はもともと皮膚が厚く、さらに椅子に座るときの摩擦などで、角質が厚くなりやすい場所でもあります。

そのため、おしりのザラツキが気になったら、定期的に角質をとり除く必要があります。

自宅でできる角質を取り除く方法としては、フルーツ酸が含まれているピーリング石鹸やピーリングジェルなどの洗い流すタイプの洗浄剤が皮膚に負担がかかりにくいため、おすすめです。

また、お肌が丈夫な方でしたら、塩や砂糖などを含んでいるスクラブなどをもおすすめです。但し、お肌が丈夫だからといって、力を入れ過ぎるとお肌が傷つきますので、この時も優しくマッサージするようにしましょう。

綺麗になったお尻には、顔と同じように化粧水とクリームでしっかり保湿

お尻だって顔と同じ皮膚です。そのため、スベスベのキレイお尻を作るには顔と同様のケアが必要になります。

洗顔の後には化粧水をつけますよね。

お尻も同様に、しっかりと化粧水やローションをぬって角質を潤してあげましょう。次にせっかくて潤ったお尻の水分が蒸発しないように、クーリムでしっかりとフタをします。

特におしりの黒ずみがきになる場合は、メラニンの排出を促すような美白成分が配合されている美白化粧水やク美白リームがおすすめです。

お尻のマッサージで血行を促進しましょう

一日中座りっぱなしのデスクワークの方は、常にお尻に体重がかかり圧力がかかった状態ですので、血行不良になりやすい状態にあります。

また、お尻だけでなく、下半身全体の血行が悪くなりやすく、足もむくみやすくなります。

そこでお尻のマッサージの方法ですが、お風呂に入った時など、お尻全体を良く揉みほぐすだけでOK!

血行促進効果が得られて効果的です。とても簡単ですので、是非、毎日続けてみてくださいね!

まとめ

少し、面倒だな・・・と感じるかもしれませんが、お尻は角質が厚いため、スキンケアをしてもすぐに効果がでにくいところでもあります。諦めずに毎日のお手入れをしていれば、必ずスベスベのお尻を生みだしますので、気長に続けてみましょう。

 

   ↓ ↓ ↓ お風呂につかるだけでOK! お尻の角質ケアができる泡風呂&無添加入浴剤はこちら ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら