【敏感肌の方必見!】季節の変り目に突然起こる「肌荒れの対処方法」は?

 

季節の変り目になると、なぜか肌荒れを起こしたり、いつも使っている化粧品が突然ヒリヒリして肌に合わなくなった・・・という経験はありませんか?

季節の変り目は、肌がカサついたり、ごわついたり、かゆみが出たりというように、普段はトラブルの無い方でも、肌荒れしやすいと言われています。

ここでは、季節の変り目に起こる肌荒れについて、正しい対処方法をお伝え致します。

季節の変り目に起こる肌荒れの原因は?

気温の急激な変化

季節の変り目は、急激に気温が変化することで、お肌の水分や油分のバランスが崩れやすくなるため、肌荒れしやすいと考えられています。

例えば寒く、乾燥した冬から暖かな春にかけて気温が上がってくると汗が出やすくなり、皮脂の量も増えてきます。逆に暑い夏から秋にかけて空気とともにお肌が乾燥しやすくなり、潤いを保とうとして皮脂が過剰に分泌されます。

このように、季節が暖かくなろうと、寒くなろうと、どちらにしても、季節の変り目は皮脂の分泌量のコントロールが難しいため、お肌のトラブルを招きやすくなるのです。

生活環境の変化でお肌にもストレスがかかるため

特に、春は卒業式、入学式、就職、転勤、移動など環境が変化する季節です。どれも人生においては素晴らしいイベントではありますが、慣れない環境で知らず知らずのうちに、緊張したり、頑張り過ぎたりして、ストレスを溜めこんでしまうことも多いようです。

このように環境の変化によって、精神的にストレスをかかえこんでしまうと、自律神経のバランスを崩したり、肌荒れをしやすくなり事もあります。

大気中の飛散物によって起こる場合

特に春は、「春一番」という言葉があるくらい、風邪の強い日が多く、花粉を始めホコリや化学物質などが飛散したり、舞いやすいと言われています。このような物質が空気中を飛散してお肌に付着することで、お肌が敏感に反応して、普段の化粧品に刺激を感じたり肌荒れを起こすこともあります。

突然の肌荒れの正しい対処方法は?

お肌が荒れた状態は、角質が剥がれたような状態で、確実に水分が蒸発して潤いが奪われやすい状態にあります。

そのため、まずはしっかりと保湿をして水分の蒸発を止めてください。

また、お肌が荒れているときは、角質が剥がれた状態のため、普段は問題ない化粧品でも、お肌にピリピリとした刺激を感じるのは、そのためです。このように肌が「ピリピリ」としたり「しみる」のは、肌が拒絶しているサインですので、基本的には「肌に刺激を感じるものはつけてはいけない」ようにしてください。

特に、化粧水のような水っぽいものはしみやすいので、油分が多いクリーム系やオイル系の方が、肌への当たりが優しく刺激が低いのでおすすめです。

また、お肌がしみたからと言って、その化粧品が必ずしも、あなたのお肌に合わなくなったわけではありません。肌荒れが治り角質が元通りにきれいにととのえば、大抵は、いつもと同じ化粧品を使う事ができるようになりますので、肌が荒れたからといって、間違ってもすぐに、化粧品を捨てたり、新しい化粧品を買い直したりしなくても大丈夫です!

肌が荒れていても紫外線対策は忘れずに!

日焼け止めクリームは、荒れたお肌には刺激になります。そこでおススメなのは、日焼け止めクリームよりも刺激が少ない、パウバー系がおすすめです。パウダーファンデーションやルースパウダー、粉おしろいなどです。

ただし、パウダー系はお肌が乾燥しやすくなるため、必ずクリームを塗った上にパウダーをはたくようにしましょう。

まとめ

お肌が荒れてるな・・・と感じたら、できるだけシンプルなスキンケアを心がけて下さい。シンプルケアでお肌を1週間位休めれば、肌荒れは落ち着いてるでしょう。少し改善されたのを感じてきたら、少しずつ普段のスキンケアに戻すようにしましょう。

また、アレルギー体質の方は、季節の変り目に肌荒れを起こす方が多いようです。

化粧品は自分に合ったものが一番良い化粧品です。決して、美容成分がたっぷりと入っているから…とか値段が高いからお肌に良いという訳ではありませんので、広告に惑わされないようにしましょうね。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 汚れを落ち抜群!保湿効果のあるナノシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら