忙しい女子へ目の下のクマを解消して、マイナス5歳の元気な表情に!

 

寝不足の時や、オフィスワークをされている方は夕方になると、目の下に黒い影ができる女性の大敵の「クマ」

また、「クマ」は疲れた顔にみえるだけでなく、ある化粧品の調査では、目の下のクマがあるだけで、見た目年齢がプラス5歳になるともいわれています。

このように「クマ」があるだけで、老け顔になったり、疲れて不健康な印象を与えてしまいます。

そこで、クマを解消して、若々しい元気な表情を取り戻して、あなたの魅力をさらにUPさせましょう!

ここでは「クマ」の原因や解消法をご紹介します。

クマの原因と対策は?

血行不良による「クマ」

クマができる代表的な原因は、「寝不足」「過労」「ストレス」などが原因となって、血行不良になることです。

そして、血行不良によって静脈網に血液が滞ります。更に、目の下は皮膚が薄いため、それが透けて見えて「クマ」ができてしまいまうというメカニズムです。

血行不良による「クマ」の対策

特に、長時間パソコンを使って作業する仕事についていたり、長時間ゲームをしていたり、テレビをみている方は、ドライアイを引き起こしやすい状態にあり、このドライアイが原因となって目の周りの血流が悪くなっています。そこで、少なくとも、就寝の2時間前には、OA機器の作業を止めて、目を休ませて、さらに睡眠時間もきちんと確保するようにしましょう。

また、クマを短時間で解消したい場合は、温タオルを使ったマッサージがおすすめです。

<短時間でクマを解消する方法>

  • 水で濡らしたタオルを電子レンジで約1分間加熱して、蒸しタオルを用意します
  • 目にあてて、3分間温めます
  • 冷蔵庫に入れて冷やすか、冷水で硬く絞ったたおるで、目を冷やします。
  • 1~3を2、3回繰り返します

色素沈着による「クマ」

目の周りをこすったり、紫外線を浴びることで、毛細血管がダメージを受けて、メラニンが作られて、色素沈着が原因となって「クマ」になってしまいます。

色素沈着による「クマ」の対策

普段使用している基礎化粧品を、美白タイプのものを選ぶようにしましょう。また、ビタミンCのサプリメントを摂取したり、メラニンが増えないように規則正しい睡眠をとるようにしましょう。

とはいえ、メラニンの色素沈着による「クマ」はかなり厄介なので、どうしても気になる方は皮膚科でレーザー治療をするのがおすすめです。

加齢による「クマ」

年齢とともに、目の周りに細かいちりめん状のシワができたり、目の下の皮膚が衰えて脂肪を支えられなくなり、たるんでくることが原因で、目の下に影ができて暗く見えるタイプの「クマ」です。

加齢による「クマ」の対策

まずは、できるだけシワやたるみをつくらないように、しっかりと保湿をしてアンチエイジング対策を心がけましょう。

また、目の下のたるみは、リンパの流れをよくすることで改善されやすくなりますので、リンパマッサージなどを取り入れて顔全体のたるみやむくみを解消しましょう。また、表情筋のストレッチも効果的ですので、是非、毎日のケアに取り入れてみてください。

<リンパマッサージの方法>

  • 皮膚が摩擦を起こさないようにクリームをつけて、あごから耳の下へ指を滑らせます。
  • 親指以外の指を4本使って、指の腹で、耳の下から肩にむかって、なでおろします。
  • そのまま、鎖骨のくぼみまで指を滑らせて、軽く押します。
  • この動作を4~5回繰り返します。

<表情筋のストレッチの方法>

  • ストローを用意します。
  • ストローを加えて息を吸いながら、両目でゆっくりと上を見ます。
  • この時に顔の位置が動かないようにしっかりと固定します。
  • 目を閉じてからゆっくりと息を吐き出します。
  • この動作を2~3回程度繰り返します。
まとめ

慢性的にクマがある人は、これを機に生活習慣を見直して、クマのできにくい生活を心がけましょう。

とはいえ、忙しくてどうしても睡眠時間がとれない時や速攻でクマをどうにかしなければならないときには、コスメの力を借りましょう!

その際、コンシーラーで厚塗りにならないように、化粧下地の色をワントーン明るい色の物を使ったり、目元をパールやダイアモンド入りのパウダーを使うのもおススメですよ!

 

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 美肌入浴剤を入れて、お風呂に使って血行を促進しましょう。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら