ノンシリコンシャンプーは誰にでも効果があるわけではないの?

 

「ノンシリコンシャンプー」という名前がきかれるようになって、随分とたちますが、実は、どんな髪質の方にでもいいという訳ではありません。

さらに、抜け毛や薄毛に良いと思っている方でも、全ての抜け毛や薄毛に悩んでいる人にとっていいという訳ではないのです。

とはいえ、シャンプーの売場では、気になるキャッチコピーとともに様々なノンシリコンシャンプーが売られています。

そこで、そんなキャッチコピーに惑わされず、ノンシリコンシャンプーの性質や特徴をしっかりと理解して、ご自分の髪に合ったシャンプーを使うようにしましょう。

ここでは、ノンシリコンシャンプーについてご紹介いたします。

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは、文字通りシリコンが入っていないシャンプーですが、実はシリコンと同じような働きをする成分が配合されていることもあります。

例えば、ジステアリルジモニウムクロリドとか、ステアラミドエチルアミンという物質はシリコンと同じような働きをする「カチオン剤」といわれる成分です。このように「ノンシリコン」といっても、シリコンと同等の作用をするため、言葉にまどわされないようにしなければなりません。

そもそもシリコンはそんなに悪い成分なのか?

シリコンというと、さも毛穴にシリコンを詰まらせることで頭皮や毛髪のトラブルを誘発するような説明をしている記事を見かけることもありますが、実はシリコンが毛穴に詰まることはほぼありません。

なぜなら、シャンプーの主成分は水と洗浄成分ですので、極微量のシリコンが毛穴につまったり、それによって、頭皮の環境が悪くなる事はないのです。

頭皮の環境が悪化する原因はどんなとき?

■洗浄力がつよいシャンプーによって、頭皮が乾燥して、

 皮脂の分泌が過剰になっているとき

■シャンプーやトリートメントなどの洗い残しによって、

 頭皮の嫌なニオイやかゆみなどのトラブルが発生するとき

■爪をたてたりして、ゴシゴシと力を入れて洗いすぎているとき

 以上の状況によって、頭皮の環境が悪化して、トラブルが発生することが多いのです。

 このように、洗い残しや洗い過ぎが主な原因ですので「シリコン」が直接の原因となっている訳ではないのです。

ノンシリコンシャンプーのメリットは?

ではノンシリコンシャンプーを使うのには、どんなメリットが有るのでしょうか?

髪がふんわりとする

髪にシリコンのコーティングがされていない分、髪がしっとりし過ぎず、ふんわりとしますので、自然な感じでボリュームを出すことが出来ます。ねこっ毛の方や髪が細くて、へたってしまう方、トップのボリュームが欲しいと思っている方にはおすすめです。

髪がサラサラになる

髪のツルンとした感じは期待できませんが、軽い感じでサラサラとした手触りになります。そして頭皮全体が健康になって、頭皮の油分が正常に分泌されるようになれば、自然とツヤもでてきて、健康的な髪を取り戻すことが出来ます。

ノンシリコンシャンプーは良質なものが多い

すべてのノンシリコンシャンプーというわけではないのですが、ノンシリコンシャンプーの場合、洗浄成分にこだわっていたり、余計な成分をいれていない商品が多く、あまり泡立ちが良くないものが多いのですが、泡が立ちすぎないことで、洗浄剤の泡切れが良かったり、洗い残しが少ないといったメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーは比較的洗浄剤が強すぎない商品が多い

往々にして、ノンシリコンシャンプーは洗浄剤が強すぎない商品が多く、頭皮の皮脂を取り過ぎないため、頭皮に必要な油分を残して、頭皮の乾燥を防ぐことが出来ます。

そのため頭皮へのダメージも軽減されて、さっぱり、スッキリ洗い上げてくれます。

ノンシリコンシャンプーのデメリットや注意点は?

ノンシリコンシャンプーは、コーティング剤のシリコンが入っていないため、髪が傷んでいる人や枝毛や切れ毛が多い人には、あまり向いていません。またもし使う場合も注意が必要です。あまりにも髪が傷んでダメージがある状態の時は、ある程度健康な髪になるまで、ノンシリコンシャンプーの使用は控えた方がいいでしょう。

また、ノンシリコンシャンプーの場合、髪の毛は全くコーティングされていないため、熱に弱くなっています。その為髪を乾かす前やヘアアイロンをするときには、必ず「洗い流さないタイプのトリートメント」などをつけて、何かしらで髪を保護するようにしましょう。

まとめ

シャンプーを選ぶときには、シリコンが入っているとか、入っていないとかにかかわらず、自分の髪の状態や髪質にあったものを使うことが大切です。

「ノンシリコン」という言葉に惑わされずに全成分を確認して、洗浄力が強すぎず、良い成分が配合されているシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 毛穴の底までしかっかりと洗浄するナノシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら