頭皮の毛穴に溜まった汚れをキレイにクレンジングする方法は?

 

頭皮にはたくさんの毛穴がある為、毎日シャンプーをしていても、毛穴に皮脂などの汚れが詰まりやすく、嫌なニオイやかゆみ、さらに頭皮にニキビができる原因にもなってしまいます。またツヤのある健康な髪を維持するためにも、毛穴をキレイに保つことが大切です。

ここでは、毎日のシャンプーでは落としにくい汚れをキレイにする方法をお伝え致します。

どうして、頭皮はトラブルを起こしやすいの?

頭皮は毛穴から分泌される皮脂や老廃物が溜まりやすく、さらに頭皮には体の中でもたくさんの毛髪がある為、体にある皮膚にくらべて、きちんと洗浄をしていても汚れが落ちにくいため、トラブルを引き起こしやすい部位でもあります。

頭皮の汚れによるトラブルの種類は?

このように頭皮は、毎日のシャンプーでは落とし切れなかった汚れが元となって、雑菌が繁殖してニオイの原因になったり、吹き出物やかゆみが発生したり、髪が傷むなどのトラブルをどんどん招いてしまいます。

主なトラブルには、頭皮のニキビ、炎症、かゆみ、悪臭、フケ、抜け毛、薄毛、髪の傷みなどがあります。

ツヤのある健康な髪のためにも頭皮のグレンジングは大切です。

「髪は女の命」ともいわれる位、女性にとって髪は大切です。また、男性でも年齢とともに薄毛や抜け毛が気になる方は多いのではないでしょか?

そこで、週に1回から2回程度、「頭皮のクレンジング」をするようにしましょう。これは毎日のシャンプーでは落とし切れない頭皮や毛穴の汚れを根こそぎ落とすことを目的としていますので、日々のシャンプーでは落ちなかった頑固な汚れや毛穴の汚れをキレイに剥がしてスッキリと清潔な状態へリセットします。

頭皮の臭いやべたつきがある方、抜け毛や薄毛が気になっている方は、是非、頭皮のクレンジングを試してみてください!

頭皮のクレンジングの方法は?

大まかな流れは、まず、ブラッシングをして、髪の絡まりを取ります⇒クレンジングオイルで頭皮の汚れを押し出すようにマッサージします⇒普段のシャンプーをして、クレンジングオイルをきれいに洗い流します⇒頭皮を保湿して終了です。

また、クレンジングオイルは選んだ種類によって、効果が異なり仕上がりが全く違ったものになります。そのため、ご自分の体質や症状に合わせて、オイルを選ぶようにしてください。

クレンジングオイルの種類と特徴

■頭皮専用クレンジングオイル

頭皮をクレンジングするために作られたオイルで、汚れを落とすだけでなく、皮脂の分泌のバランスを整たり、育毛効果のあるものなどがあります。ドラッグストアなどのヘアケア売場で販売されております。

また、頭皮専用のため、他の部位に使用することが出来ないため、汎用性に欠けているのがデメリットと言えます。

■椿油

椿油は昔から、「髪を美しくするオイル」として、知られています。椿油は汚れを落とすだけでなく、髪にハリやツヤ、潤いなどを与える効果もあります。また、天然の油で、比較的頭皮への刺激も低いので、お肌が弱い方でも安心して使うことが出来ます。

■馬油

髪だけでなく、お肌にも良いと言われている馬油は美容効果が期待できます。また、馬油には、血行促進効果がありますので、頭皮をマッサージすることで、汚れを落としながら、頭皮の血行も促進して、抜け毛や薄毛など毛髪を健康にする効果が期待できます。

■ホホバオイル

ホホバオイルは、化粧品や洗顔などお顔のスキンケアに配合されることが多いオイルですが、頭皮も顔と同じ皮膚ですので、頭皮のクレンジングとして使用することができます。ホホバオイルは保湿性が高い為、汚れを落とした後の皮膚もしっかりと保湿して、乾燥して皮脂が過剰に分泌することを防ぐことが期待できます。

■オリーブオイル

馴染みのあるオリーブオイルは、お料理に使われるだけでは無く、毛穴の汚れを浮かして洗浄する為、メイク落としや頭皮のクレンジングとしても使うことが出来ます。とくに、汚れがひどい方は、オリーブオイルがおすすめです。

頭皮のクレンジングは週に1回から2回

頭皮の汚れを落とすことは大切ですが、かといってやり過ぎ逆効果ですので、週に1回から2回程度が理想です。

頭皮のクレンジングのポイント

頭皮をクレンジングした後は、クレンジンオイルをしっかりと洗い流しましょう。クレンジングに使用したオイルが落とし切れていないと、毛穴の詰りの原因になり、せっかくキレイになった頭皮にまた汚れが溜まってしまいます。

まとめ

正しくケアをして、トラブル知らずの美しい健康な美髪をゲットしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ナノシャワーで毛穴の底までスッキリ洗浄!頭皮クレンジングにおすすめのシャワーヘッド ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら