季節の変り目は肌トラブルが起きやすいのはどうして??

 

日本の四季は素晴らしいものですが、お肌が弱い方や敏感な方々は、この季節の変り目になるとお肌があれてしまうことがあります。また冬から春になる時には「三寒四温」というように、3日くらい寒い日が続いたたかと思ったら、4日くらいポカポカとした春の陽気がつづいて、それを繰り返しますが、この気温の変化にお肌だけでなく、体調も崩しがちになる方も多くなります。

普段は健康で、肌トラブルに無縁の方でも、季節の変り目は注意が必要です。ここでは、季節の変り目のスキンケアのポイントをご紹介いたします。

季節の変り目、主な肌トラブルの原因は?

冬から春にかけては、花粉と紫外線

最近は、年間を通して花粉症の症状がでる方も多くなりましたが、とくに春先の花粉はくしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく、肌のかゆみや、肌の乾燥、肌荒れの原因にもなります。また、春から夏にかけては、一気に紫外線が増えますが、実はこの春先の紫外線は結構強いため、まだ暑くないから大丈夫と過信して、日焼け止めを塗らないでいると、この紫外線が原因となってお肌の乾燥を招いたり、肌荒れを起こしたりと大変なことになります。近年はオゾン層の破壊などの問題もございますので、できれば日焼止めは年間通してぬるようにしましょう。

冬から春へ、そして夏から秋へ・・・寒暖差

季節の変化は気温の変化ともいえますが、この季節の変り目に体調を崩されるかたも多いですが、実は、お肌にとってもストレスになります。その為、寒暖の差が激しい季節の変り目には肌トラブルに悩む方が増えるのです。例えば、急に暖かくなることで、皮脂の分泌が増えてニキビができやすくなったり、急に寒くなると乾燥がひどくなったりすることもあります。

自律神経のバランスが崩れやすくなる

急激な気温の差に身体がついていけなくなり、自律神経のバランスが崩れることで、内蔵の機能が低下したりして、体調不良や肌にも悪い影響がでることがあります。

生活環境が変わることによるストレス

入学や就職、転職、人事異動、引越しなど季節の変り目に、生活環境が変わることも多いため、心理的なストレスもお肌に影響します。ストレスを感じることで、人は身体をまもろうと活性酸素を発生させます。しかし、その活性酸素が増えすぎると細胞を攻撃してしまい、肌トラブルや老化の原因にもなります。

季節の変り目に肌トラブルを起こさないためには!?

季節やお肌の状態に応じて、臨機応変なスキンケアをすることで、肌トラブルを避けて、健康なお肌を保つことが出来ます。

例えば、夏はさっぱりタイプの化粧水を使い、クリームは使用しないという方も、寒い季節にむけて、乾燥しやすくなるため、保湿性の高い化粧水やクリームを塗るなど、お洋服と同じく、スキンケアにも衣替えが必要です。

肌トラブルを起こさないようにするスキンケアのポイント

・できるだけ強いクレンジングを使わなくてもいいように、メイク自体を薄めにしましょう。また、クレンジングは「オリーブオイル」のような天然のオイルを使うようといいでしょう。

・お肌のトラブルを招く原因の一つに、「洗顔のし過ぎ」があります。あまり洗顔を頻繁にすると、お肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、お肌が乾燥して、そこから肌トラブルが起こる可能性がありますので、洗顔は朝・晩の1日2回までにしましょう。

・保湿成分がたっぷりと入った化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をしましょう。

保湿効果のある成分には、ヒアルロン酸、セラミド、ミネラル、ホホバ油などがあげられます。

規則正しい生活習慣を

睡眠不足や偏った食生活はお肌のトラブルの原因になります。良い化粧品を選んだり、サプリメントを摂取する前に、まずは規則正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ナノバブルシャワーでしっかりと汚れをおとして、お肌を清潔に保ちましょう。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら