ヒト幹細コスメでスキンケアをする際の、効果的な使い方は?

 

加齢とともに気になる、シミ、・シワ・ほうれい線。化粧品やマッサージ、美容器具などを駆使して劣化を予防することをエイジングケアと言います。

とはいっても特に、「エイジングケア」を意識していなくても、女性ならば自然とエイジングケアをしている方は多いのではないでしょうか。

そんなエイジングケアにおいて注目されているのが「ヒト幹細胞コスメ」です。ここでは、ヒト幹細胞コスメでスキンケアをする際の、ポイントをご紹介いたします。

エイジングケアで注目の「幹細胞コスメ」とは?

幹細胞は再生医療の分野での研究が進んでいます。その幹細胞を培養する時に分泌されるエキスが「ヒト幹細胞培養液」で美容成分が多く含まれていることが分っています。このように美容の分野でも注目されることとなった「ヒト幹細胞培養液」ですが、幹細胞そのものは含まれませんので、倫理的な点でも問題はないので、安心して使う事が出来ます。

また、化粧品原料として使用される「ヒト幹細胞培養液」は主に脂肪由来の幹細胞から作られています。

幹細胞を抽出する際には、まず若くて、健康に問題がないドナーを選出し、そのドナーから採取された脂肪幹細胞を培養して作られます。このように作られた「ヒト幹細胞培養液」には、豊富なタンパク質が存在していて、情報伝達物質である成長因子(グロスファクター)やコラーゲン、ヒアルロン酸なども豊富に含まれています。

植物由来、動物由来、ヒト由来の幹細胞が存在

幹細胞コスメには、植物由来のものや動物由来のものも存在していますが、人間との相性としては、ヒト由来幹細胞が最適で、細胞を活性化する効果が期待できます。

このように、ヒト幹細胞培養液は、加齢によって衰えがちな細胞を活性化して、再生する力をUPすることで気になるシミ・シワ、たるみなどの予防に役立てることが出来ます。

ちなみに、現在の日本においては植物由来の場合、リンゴ由来やアルガン由来の商品が流通していますが、動物性の幹細胞はほとんど殆ど、流通しておりません。

きちんとした効果を得るには正しく使いましょう

ヒト幹細胞培養液が配合された化粧品といっても、通常の化粧品同様に、お風呂上りや洗顔後、余分な皮脂や汚れをきちんと落としてからお肌に良くなじませます。ただし、商品によって使い方や使用量などは様々ですので、使用方法をきちんと確認するようにしましょう。

また、電気の力で角質層の奥深くまで美容成分を浸透させるための「エレクトロポレーション」を使用する事でさらにお肌の奥まで美容成分を届けることが可能ですので、お持ちの方は、是非試してみてはいかがでしょうか。その際の注意点としては、ヒト幹細胞培養液以外の化粧品に含まれている成分に、香料や着色料など石油由来の成分配合されていないかなど、お肌の奥まで浸透しても問題ないかどうかをきちんと確認するようにしましょう。

寝不足は美容の大敵!きちんと睡眠時間を確保しましょう。

就寝中は、成長ホルモンが分泌される時間でもある為、お肌を始め身体の修復をする時間でもあります。このタイミングでヒト幹細胞培養液を使えば、相乗効果で良い結果が期待できます。夜更かしをせずに、睡眠時間をたっぷりととるように心がけましょう。

継続は力なり。

何でもそうですが、化粧品は薬とは違いますので、一度付けたからと言って、すぐに改善するわけではありません。根気よく継続してケアをすることで効果が出てきます。きちんとケアをすれば、5年後、10年後必ずお肌に違いが出てきますので、頑張って続けて下さいね!

 

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 5年後、10年後に差が出る、ヒト幹細胞培養液配合の美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら