世の中の常識を覆す?!各分野にマイクロバブルが与える影響とは?

 

マイクロバブルとは、地球誕生のときから存在している「水」と「空気」から作られる超微細な泡であるにも関わらず、様々な分野において、世の中の常識を覆すような効果がもたらされています。ここでは、各分野においてマイクロバブルが与えている影響についてご紹介します。

安心・安全のマイクロバブル

マイクロバブルの原料は「水」と「空気」から発生する為「安心・安全」であり、薬のような副作用はありません。また地球上には「水」と「空気」が大量に存在することから、マイクロバブルの発生装置さえあれば、材料費ほとんどかかりません。にもかかわらず、研究をすすめる上では、常識を覆すような結果がいくつも存在しており、開発分野においても無限に近い広がりをもっており、日夜研究がすすめられています。

世界3大発明から、世界4大発明へ

15世紀から16世紀のルネサンス期にヨーロッパの社会に大きな改革をもたらした「火薬」「羅針盤」「活版印刷」を世界3大発明といいますが、マイクロバブルは、これに続く4番目の大発明ともいわれており、近年大変注目を浴びている技術です。

マイクロバブルが健康と美容分野に与える影響とは?

マイクロバブルのお風呂にはいることで、体がポカポカとしてきて、お風呂から上がったあとの湯冷めがしなくなったなどの報告があります。また、洗浄効果が高い事で、シャンプーや石けんなどのすすぎ残しもキレイに流されて、皮膚のトラブルが起こりにくくなったり、ダイエットをする方にとっては、体が温まることで、痩せやすくなるなどの相乗効果もあるようです。

また、超微細な泡が角質層まで入り込むことでお肌がしっとりとして、髪もつやつやになるという嬉しい報告もあります。

マイクロバブルが介護・福祉分野に与える影響とは?

加齢とともに、体は冷えやすくなり、体が硬くなったり、関節が硬くなり痛みが発生したり、血行不良に伴う、体調不良も現われやすくなります。

そこでありがちなのが、冷えた体を温めようと、熱いお風呂に入ると、熱さに耐えられずすぐに上がってしまい、結果的に体の表面が熱くなっただけで、体の芯までは温まらず、すぐに冷えてしまいます。このような冷えやすい状態で睡眠をとると、夜中にトイレで何度も起きる・・・という事に。介護をされている方も、している方も夜中に何度もトイレで起きるのは大変な事です。

そこで、40度前後の少しぬるいと感じるお湯であれば、ゆっくりとつかることができる上に、マイクロバブルのお風呂であれば、超微細な泡が身体全体に付着することで、さらに保温効果はUPし、洗浄効果も高まり、お湯に浸かるだけで体がキレイになるため、入浴がとても簡単になります。

このように、マイクロバブルのお風呂で体もキレイになり、芯まで温まればぐっすりと眠れるようになり、夜中に起きる回数も軽減されます。

マイクロバブルが食糧やバイオ分野に与える影響とは?

マイクロバブルの植物活性効果によって、水耕栽培や土壌改良、冠水機能の向上など農業の分野でもマイクロバブルの技術は大変注目されています。このような農業分野においては、マイクロバブルの技術によって動植物や微生物の成長促進、発芽促進、高浸透能など、諸々の特性をいかに引き出すかが鍵となります。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 美容だけでない可能性は無限大!ナノシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら