アンチエイジング効果のキーワードは成長因子!ヒト幹細胞培養液との関係は?

 

アンチエイジングに効果があると、何かと話題の「ヒト幹細胞培養液」ですが、成長因子が豊富に含まれていることでも知られています。

では、その「成長因子」と「ヒト幹細胞培養液」にはどのような関係があるのでしょうか!?

ここでは、「成長因子」と「ヒト幹細胞培養液」について、ご紹介いたします。

健康と若さに欠かせない「ヒト成長ホルモン」とは?

人間は、細胞や骨、そして筋肉や皮膚など、日々代謝を繰り返すことで成長しています。このように人間が健康的に成長し、身体の機能を調整する際に必要なホルモンのことを「ヒト成長ホルモン」と言います。

この「ヒト成長ホルモン」は人間が生きていく上では必要不可欠なホルモンですが、思春期をピークに20代後半から、分泌量が急激に減少していきます。

このように「ヒト成長ホルモン」が加齢とともに減少することで、身体の老化現象が始まります。

そのため、健康で若々しさを保つためには、いかに「ヒト成長ホルモン」を活性化させるかがポイントとなります。

「ヒト成長ホルモン」の活性化に必要な物質とは?

加齢とともに減少していく「ヒト成長ホルモン」ですが、近年の研究において、「ヒト成長ホルモン」を活性化させる物質が存在していることが分かってきました。

その物質こそが「成長因子(グロスファクター)」と呼ばれるもので、細胞の成長を促進する効果があります。

そして、体の細胞の種類によって、「成長因子(グロスファクター)」の働きも異なります。

主な成長因子の種類

人間の体には、多くの「成長因子(グロスファクター)」が存在しおり、またその種類によって、働きが異なります。そこで、主な成長因子の種類と働きをご紹介します。

・EGF(上皮成長因子)

お肌の表面(上皮)にある細胞の成長と調節にかかわっているタンパク質で、53個のアミノ酸と3つの分子結合で形成されています。上皮増殖因子、上皮細胞成長因子、上皮細胞増殖因子とも呼ばれており、お肌のくすみ、シミ、シワ、たるみ、乾燥などに効果があるといわれており、健康的なお肌へと導きます。

・FGF(線維芽細胞成長因子)

お肌の表皮の奥にある真皮の中に存在していて、線維芽細胞を活性化したり、増殖する効果のある成長因子です。線維芽細胞にはお肌の弾力を保つために欠かせない、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する役割が有ります。

・IGF(インスリン様成長因子)

損傷した細胞の再生を助けることで、新しい皮膚の細胞を生み出し、コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸などを増加させる作用があります。お肌のハリやたるみ、シワの予防や改善効果があると言われています。

・PDGF(血小板由来成長因子)

血液が凝固する際、血小板が破壊されますが、その際に分泌される成長因子で、細胞を増やしたり組織を修復する作用があります。また、PDGF(血小板由来成長因子)は単体だけでなく、EGF(上皮成長因子)とIGF(インスリン様成長因子)と結びついて作用します。

・TGF(トランスフォーミング成長因子)

線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを生成する際に必要な成長因子で、シワやたるみを改善するための、コラーゲンやエラスチンの構造を強化する働きがあります。また、お肌に潤いを与えて弾力をUPする効果や抗炎症作用もあり、敏感肌の改善効果にも関与しています。

成長因子と幹細胞培養液の関係とは?

このように、お肌の成長や修復に大きく関与しているアンチエイジングに欠かせない「成長因子」は、今話題の「ヒト幹細胞培養液」の中に豊富に含まれていることが分かっています。「ヒト幹細胞培養液」とは、ヒト由来の幹細胞を培養した際に分泌される成分で、その中には、「成長因子」の成分であるタンパク質が500種類以上含まれています。

「成長因子」が細胞を活性化することで、ターンオーバーを促進し、お肌のハリや弾力をUPさせたり、シミ、シワ、たるみの改善など、加齢によるトラブルに対応し、アンチエイジングケアの「最終兵器」ともいわれ、注目を集めています。

 

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 年齢肌にはヒト幹細胞美容液がおすすめ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら