手が届かない背中の肌荒れ対策は入浴剤がおすすめ

 

背中は顔と違って、洋服を着ている為他人からはもちろん、自分でも見えないところなので、ついついお肌のお手入れにおいて、手を抜いている方も少なくないのでは?

特に寒い季節になると背中が乾燥してかゆくなったり、暑い季節になると、ニキビができやすかったり、意外と背中はトラブルが起きやすい場所でもあります。

ここでは、背中のかゆみやニキビなど背中のトラブルと効果的なスキンケアについてご紹介いたします。

背中にニキビができたり、かゆくなる原因は?

お肌は適度な皮脂腺から分泌される、皮脂がバリア機能となって、お肌の潤いを守ってくれます。ところが、背中は意外にも皮脂腺が多く、余分な皮脂をきちんと洗浄し、ケアをしていないと、ニキビができやすくなります。ちなみにデコルテも皮脂腺が多いので、背中同様に、ニキビができやすい方が結構いらっしゃいます。

さらに、背中やデコルテは皮膚が薄いため、下着の摩擦や化学繊維の洋服に敏感に反応してかゆみを引き起こすこともあります。

バスタイムは要注意!

冬場の寒い季節は、冷えた体を熱めのお湯に浸かってしっかりと温まろうとする方が多いと思いますが、熱いお湯に長時間浸かると、お肌の潤いを守るための必要な皮脂まで溶けて流れてしまいます。皮脂は、皮脂膜という膜によって肌を守ってくれているため、皮脂が流れてしまう事で、皮脂膜が薄くなってお肌のバリア機能が低くなり、傷つきやすくなり、外からの刺激に敏感になってしまうので、お湯の温度は38度~40度前後で、10分以上は浸からないようにしましょう。

また、お肌を清潔にしようと洗浄力の高いボディーソープや、ナイロンタオルでゴシゴシとこする洗いするのも、厳禁です。ゴシゴシ洗う事で、お肌のキメを壊して潤いが奪われる原因になります。背中はお湯につかるだけでも余分な皮脂や汗などは流されるため、特別石けんで洗わなくても、問題ありません。どうしても気になるかたは、洗顔と同じように、たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。

さらに、ボディ―ソープやシャンプーやリンスがお肌やに残っていると、毛穴の詰りの原因となり、潤いの元になる皮脂腺から皮脂が良い具合に分泌されません。その為石けんなどの洗浄剤は、しっかりと落とすようにしましょう。

手が届かない背中のケアは保湿入浴剤がおすすめ

どんなにぬるい温度でも、お風呂につかると少なからず、皮脂は流れ出てしまいます。そこで、お風呂につかる時には、皮脂の流出を防ぐのと、お肌の油分を補ってくれる効果のある、保湿成分が配合された入浴剤をいれるのがおすすめです。

できれば、保湿成分をお肌に付けたままお風呂から上がることができるように、お風呂上りはシャワーで洗い流さなくても良いタイプの、香料や着色料、保存料、合成界面活性剤などが無添加の天然由来成分の入浴剤がおすすめです。

乾燥が酷い場合はお風呂上りの保湿クリームも忘れずに

保湿入浴剤だけでは、乾燥が酷く、かゆみが改善されない方は、入浴後5分以内に保湿クリームも塗るようにしましょう。

また、乾燥してからケアをするのではなく、できるだけ症状が出る前から気を付けることが大切です。

 

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 洗い流し不要、ゴシゴシ洗い不要 天然由来の超保湿入浴剤はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら