マイクロバブルで毛穴の底までスッキリ洗浄

 

毎日クレンジングをして欠かさず洗顔をしているのに、いつのまにか毛穴の黒ずみや角栓が詰まっている・・・そんな状況に陥っていませんか?特に、顔の真ん中にある小鼻の毛穴が黒ずんでしまう「イチゴ鼻」は、男女問わず多くの方が悩まされているのではないでしょうか。

ここでは、毛穴が汚れる原因とマイクロバブルが毛穴ケアに効果的な理由をご紹介いたします。

毛穴が汚れやすい原因とは?

きちんと洗顔やクレンジングをしているにも関わらず黒ずんだり、開いたり、また触るとざらついたり…なんとも毛穴汚れは厄介ですね。

毛穴汚れとは、毛穴から出る皮脂と古い角質がまざりあって、「角栓」と呼ばれるものができます。この角栓が毛穴汚れの正体です。

そのため、毛穴が汚れる原因をきちんと知って、適切なお手入れをすることが何よりも大切です。

原因1:皮脂の分泌が多い

毛穴の汚れの原因には2つの要素があります。

一つ目は「皮脂」です。とはいえ、皮脂はお肌の潤いを守ってくれる大切なもので、皮脂があるだけで毛穴がよごれる訳はありません。もう一つの要素と混ざり合う事で、汚れになります。そのもう一つの要素とは、古くなった「角質」です。

角質もお肌を守ってくれる大切なものですが、古くなった「角質」が問題となります。

新陳代謝が活発で健康なお肌であれば、28日周期のターンオーバーで古くなった角質は剥がされていきます。

ところが、加齢や不規則な生活、過度なストレスが続くと、新陳代謝が崩れターンオーバーの周期が長くなり、古くなった角質が毛穴に溜まってしまいます。

そして、毛穴に溜まった過剰な皮脂と古くなった角質が結合して「角栓」と呼ばれるものに変化し、毛穴を詰まらせてしまうのです。

また、夏の暑い季節や、冬の乾燥も皮脂の分泌が過剰になるため、毛穴が汚れやすくなります。

原因2:メイク汚れやクレンジング、洗顔料などの残留

毎日クレンジングでメイクを落とし、洗顔をしていても、汚れが落とし切れていなかったり、またクレンジング料や洗顔料が残っている場合も、皮膚の皮脂と混ざり合って角栓になることがあります。とくに、メイクを落とすクレンジング料ですが、「ふき取りタイプ」のものは、汚れを毛穴に押し込んでしまう可能性があるので気を付けましょう。

毛穴汚れ対策

まずはしっかり洗浄

毎日クレンジングや洗顔をする際に、クレンジングの使用量が少なかったり、使い方を間違えていると、汚れが落ち切れずお肌に残ってしまう事がありますので、改めて使用方法を確認しましょう。

また、毛穴汚れがひどい時には、角栓のもととなる角質を柔らかくしてさっぱりと洗い流してくれる「酵素洗顔」がおすすめです。ただし、頻繁に使用すると必要な角質まで取られてしまい、お肌の負担になりますので、各商品の使用方法を確認してください。

しっかりと洗い流しましょう

クレンジング料や洗顔料でせっかく汚れを落としても、すすぎが足りないと、汚れや洗浄剤がお肌に残ってしまい、毛穴汚れだけでなく、お肌のトラブルを招く原因になってしまいますので、しっかりとすすいでください。

毛穴の洗浄におすすめ「マイクロバブルシャワー」

毛穴の大きさは約100~300ミクロンと言われていますが、毛穴よりもマイクロバブルシャワーを使えば、毛穴の中までしっかりと洗いがなしてくれます。

また、マイクロバブルシャワーは色々なメーカーから販売されていて、バブルのサイズも50ミクロン~0.24ミクロンと様々です。

また、超微細なバブルが振動することも汚れ落ちやすくなり、さらにマイクロバブルには保湿効果もあると言われていますので、汚れがおちて保湿もできるマイクロバブルシャワーは、お肌にとって一石二鳥です。

バスタイムに欠かせない、マイクロシャワーヘッド

ご自宅のシャワーヘッドをマイクロバブルシャワーに交換するだけで、毛穴ケアに限らず、髪にもお肌にも良い効果がたくさんあります!小さい毛穴ですので、バブルのサイズも小さければ小さいほど汚れが落ちやすいため、ナノバブルが発生するシャワーヘッドがおすすめです!是非お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 0.24ミクロンのナノバブルが発生するナノバブルシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら