ヒト幹細胞培養液が年齢肌に効くメカニズムとは?

 

人間の体は40代を超えたあたりから、顕著に老化がはじまり、体の機能は次第に衰えていきます。とくに30代後半からは、お肌のたるみや小じわ、ほうれい線が気になってくる方が多いようです。ここでは、今話題のヒト幹細胞培養液がシミ、シワ、たるみ、ほうれい線などの年齢肌に効くそのメカニズムをご紹介します。

30代後半、睡眠は足りているのになんだか疲れた顔に・・・。

毎日のように鏡をみていて気が付かなかったけれど、ふと会社帰りに、夜の電車の窓にうつった自分の顔をみたら、疲れた顔をしていて、ショックを受けた、または、久し振りに写真をとったら、口元にほうれい線がくっきりでていてショックを受けた・・・そんな事はありませんか?これはらの症状はあきらかに顔がたるんできている証拠です。

たるみの主な原因は肌の弾力が低下している為

お肌がたるむ原因は、加齢や紫外線などの影響で、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを作るための繊維芽細胞が弱まることです。このように繊維芽細胞がよわまると、お肌のハリを保つための「コラーゲン」や、ゴムのように伸縮してお肌に弾力を与える「エラスチン」が変化して、少しの刺激でもすぐに切れたり、伸びてしまいます。

このようにコラーゲンとエラスチンの質と量が低下することで、皮膚を支えることができなくなり、お肌がたるんでしまうのうです。

ヒト幹細胞がたるみに効果的な訳は?

ヒト幹細胞培養液には、ヒト由来ならではのレセプター(鍵穴)とリガンド(鍵)の関係によって、細胞を活性化する効果があると言われています。

そのため、加齢や紫外線で弱まった繊維芽細胞を活性化させることが出来る訳です。そして活性化した繊維芽細胞は新たに、ハリを保つためのコラーゲンやお肌に弾力を与えるためのエラスチンを作り出し、ハリのあるお肌に近づくことが出来るのです。

ヒト幹細胞がシミに効果的な訳は?

では、シミに対して、ヒト幹細胞はどのようなアプローチをするのでしょうか?本来はターンオーバーがきちんと行われていれば、28日ごとに古くなった角質は垢となって剥がれ落ち、新しい皮膚が生まれるため、あまりシミになることはありません。ただ、加齢や不規則な生活などでターンオーバーが乱れると、肌の新陳代謝が遅くなり、本来28日ごとにターンオーバーによって剥がれおちるシミがそのまま残ってしまいます。このように加齢や紫外線などで乱れたターンオーバーもヒト幹細胞培養液の特徴である「細胞に働きかける」ことって、細胞が活性化し、新陳代謝が促されて、ターンオーバーがスムーズに行われるようになることで、シミが残りにくい状態になることが期待できます。

アンチエイジングの最終兵器といわれる所以は?

このように、今までは、ハリがなくなると、コラーゲン配合の化粧品を選んだり、潤いが足りないと思えば、ヒアルロン酸が配合されている化粧品を選んだりしていました。ところがヒト幹細胞培養液の場合は、それらを作り出すおおもとの細胞を活性化することができるため、いままでの基礎化粧品を選ぶ概念とは大きく異なります。

これまでのように、加齢や紫外線などがお肌に与える複数の影響に対して、必要な成分が配合されている化粧品を選ぶのは大変な事ですが、ヒト幹細胞培養液であれば、これ1つで全ての症状に対応することが出来るため、「アンチエイジングの最終兵器」と呼ばれるようになったのです!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ヒト幹細胞培養液配合の美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら