ヒト幹細胞と植物幹細胞にはどんな違いがあるの?

 

お肌の衰えが気になる方に、おススメしたいのが、幹細胞コスメ。高いアンチエイジングの効果や抗酸化作用が注目を集めていますが、皆さまはご存知でしょうか?

幹細胞コスメといっても、大きく分けると「ヒト由来」と「植物由来」の2つにわけることが出来ます。

ここでは、ヒト幹細胞と植物幹細胞の違いについてご紹介いたします。

ヒト由来幹細胞培養液の誕生について

ヒト由来幹細胞培養液はもともと、再生医療の現場から誕生した化粧品の新素材です。

実際の医療現場では、特定の細胞にだけ変化できるという、脂肪由来の幹細胞の特性を利用して、ダメージを受けた臓器などの細胞を再生させます。脂肪由来であれば、自らの脂肪から簡単に採取できるため、ドナーを待つことなく健康な細胞を作り出すことが出来ます。その為近年、様々な病気や怪我などの治療に貢献することが出来ることで、注目を集めています。

ヒト幹細胞を培養したエキスが化粧品原料に

化粧品原料として使用される場合は、健康なドナーを選出後、ウイルスや細菌などのいくつもの検査を行い、皮下脂肪から幹細胞を採取し、それを培養したときに分泌されるエキスが化粧品の原料として使われるようになりました。

ヒト幹細胞培養液の中には、加齢とともに減少するコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す、数百種類といわれる成長因子や酵素などが含まれておりまので、今までのように、不足した成分を補うというスキンケアから、お肌の根本の成分を作り出す成分を補うという点で、今までのスキンケアの概念を大きく変える注目の新素材といえます。

また、ヒト幹細胞培養液はもともと私たちの体の中に存在している成分ですので、お肌の弱い方や敏感な方でも、比較的安心して使用できる成分でもあります。

植物由来幹細胞コスメの誕生について

植物幹細胞で一般的に知られているのは、スイスで生まれた「奇跡のリンゴ」といわれるリンゴと樹木のオイルでも有名なアルガンツリーから抽出される幹細胞培養液が有名です。

植物にはもともと高い抗酸化力や保湿力が備わっていますので、植物幹細胞培養液についても、同様の効果が期待できます。

ヒト幹細胞同様、植物も培養液が化粧品原料に

植物幹細胞培養液もヒト幹細胞培養液と同じく、リンゴやアルガンツリーなど特定の植物から幹細胞を抽出したあと、培養させてそのエキスが化粧品原料となります。

ヒト幹細胞と植物幹細胞の一番のちがいは?

ただ、ヒト幹細胞との一番のちがいとしては、ヒト幹細胞には、細胞の情報伝達をするためのレセプター(鍵穴)とリガンド(鍵)が存在し、細胞を活性化するのですが、植物幹細胞培養液の場合は、その鍵穴と鍵が存在していないため、残念ながら、ヒト幹細胞培養液のような劇的な効果までは期待できないようです。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 年齢肌が気になりだしたら・・・ヒト幹細胞美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら