「ヒト幹細胞培養液」配合の化粧品に、副作用や安全性に問題はないの?!

 

最近、日本でも注目されている、ヒト幹細胞培養液ですが、アンチエイジングの最終兵器ともいわれております。医療の研究開発の現場から誕生したことからも、話題になっていますが、副作用や安全性については問題ないのでしょうか?

ここでは、ヒト幹細胞培養液の副作用や安全性についてご紹介いたします。

副作用やアレルギー反応の心配はないの?

「幹細胞培養液」には植物から採取したものや動物から採取したものがありますが、ヒトから採取した「幹細胞培養液」は、もともと人間の体内にあった幹細胞を培養しているものですので、人間以外の幹細胞培養液よりも、副作用やアレルギー反応がおこるリスクは低いと言えます。また、人間の幹細胞においては、幹細胞を採取する前のドナーを選出する段階で、健康状態を充分に確認していますので、心配はありません。

ただし、お肌が敏感な方にとっては、「ヒト幹細胞培養液」は問題なくても、以外の美容成分によって、副作用やアレルギー反応を起こす可能性がありますので、その点はいつものように注意しましょう。

どんなヒトの幹細胞が使われているの?

ヒト幹細胞培養液の製造には、まず若くて健康に問題がないドナーの選出から始まります。選出には、数十項目もの細菌や感染症についてなど、厳しい検査項目が設けられております。

その後、すべてをクリアしたドナーから採取された幹細胞が培養され、化粧品の原料「ヒト幹細胞培養液」として製品化されます。

また、病原菌を含まないヒト幹細胞は、培養工程においても無菌状態で行われている為、加熱殺菌をする必要がありません。

ちなみに、ヒト幹細胞培養液同様に、医療の現場から誕生した化粧品原料である、動物性や植物性のプラセンタは、「化粧品原料」として商品化される前に、必ず加熱殺菌を行っていますので、熱に弱いタンパク質は変性を起こし多くの有効機能が損なわれている可能性があります。その点においても、加熱が必要ない「ヒト幹細胞培養液」は大変魅力的な成分と言えます。

ヒト由来幹細胞培養液がアンチエイジングの最終兵器といわれる理由は?

如何でしたか、ヒト幹細胞培養液の安全性が心配だった方も、少しは安心できましたか?

余談ですが、ヒト幹細胞培養液はどうして、アンチエイジングの最終兵器なんていわれるのでしょうか?

最後に、その点をご紹介させて頂きますね!

ヒトの身体の皮膚、筋肉、血管、神経、臓器などすべては細胞の集合タイで、約60兆個の細胞から作られています。この細胞には受容体(レセプター)という鍵穴のようなものがあり、この受容体(レセプター・鍵穴)にリガンドと呼ばれる鍵となる成分が結合することで細胞は活性化します。

ヒト幹細胞培養液の場合、植物や動物の幹細胞にはない、ヒトの細胞に結合することができるリガンドが存在する為、細胞を活性化することが出来るのです。

この事が、アンチエイジングの最終兵器といわれる所以かもしれませんね!

 

          ↓ ↓ ↓ ↓ ヒト幹細胞培養液配合美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら