細胞レベルで若返り!ヒト幹細胞コスメとは?

 

どんなにお金や権力を持っている人でも「老化」は平等に訪れるものです。これは人間として生まれた以上避けられない現実です。また、近年では、平均寿命100歳時代が訪れると言われており、いかにしいていつまでも健康若々しく過ごすことができるのかという事が話題となっております。ここでは美容の視点から、少しでも「老化」のスピードを遅らせて、いつまでも健康にそして若々しく過ごすためにおすすめの化粧品新素材「ヒト幹細胞培養液」についてご紹介したいと思います。

そもそも老化とは?

人は生まれてから亡くなるまで、幼年期(0歳~8歳位)、思春期(8歳~18歳位)、成熟期(18歳~40歳位)、更年期(45歳~55歳位)、高齢期(55歳以上)といったように、常に変化し成長を続けます。そして、成人となり成熟期以降(40歳以降)に起こる生理機能の衰退を一般的に「老化」と言っています。

老化の原因

老化は見た目だけでなく、内蔵の機能や、骨、筋力など、体の中も劣化していきます。では、なぜ人は老化するのでしょうか?

私たちの体内の細胞は加齢や活性酸素によって、細胞内に存在している「ミトコンドリア」の質が低下していきます。ミトコンドリアは人間が活動するためにエネルギーを作り出すものです。

その質の低下に伴い、活性酸素を消去する「SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)」という物質が減少し、活性酸素の除去が遅くなります。この仕組みによって、細胞がダメージを受けやすくなり、細胞が減少し、細胞の機能が低下して人間は老化していきます。

お肌の老化現象とは?

お肌も、加齢や活性酸素によってダメージを受けることで、活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)の現象を招きます。すると細胞が減少し、細胞の活性が低下し、真皮に存在しているコラーゲンが硬くなります。このようなコラーゲンの変化によって皮膚の弾力が失われ、目尻の小じわが気になりだしたり、シワやほうれい線が出現したりします。

また、紫外線を長年浴びることは、お肌の老化を進める原因にもなります。

例えば紫外線を浴び続けている顔と、洋服を着ていることで、ほとんど直接紫外線を浴びることがない、お尻や太ももの内側などを比較したときに、若い人も、年配の人も紫外線を浴びない所のお肌は、さほど変わらない状態です。このようなことから「紫外線にはお肌にダメージを与える」という事がお分かり頂けるのではないでしょうか?

ヒト幹細胞培養液で、減少した細胞の活性化をサポート!

現在、美容や医療分野でも注目を集めている幹細胞。

人間の皮下脂肪や歯髄などから採取された幹細胞ですが、その幹細胞から分泌される「ヒト由来の幹細胞培養液」には、加齢とともに減少していく細胞に含まれる「200種類以上の成長因子(グロスファクター」や「SOD」「酵素」などアンチエイジングに効果的な成分がたくさん含まれていることが分かっています。

ヒト幹細胞培養液の期待されている効果は

ヒト幹細胞培養液は、幹細胞を培養する際に様々な生理活性を持つ成分を抽出したもので、シワの改善効果や美白効果、抗酸化作用、お肌のハリ、潤い、ターンオーバーの正常化など、美肌には欠かせない効果が期待されております。

更にお肌にとどまらず、発毛、増毛なども注目され、今後益々目が離せない、美容成分であることは間違いありませんね!!

 

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  エイジングケアが気にるる方におすすめのヒト幹細胞美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら