美容クリニックで行われる幹細胞をつかった施術とは?

 

医療業界、美容業界で何かと話題になる幹細胞。もともとは再生医療の研究から誕生したもので、病気や怪我などによって失われた機能を回復させるために研究されていました。そんな研究がすすめられる中で、幹細胞を培養する時にでてくる、幹細胞の「培養液」にも多くの有効成分があることが分かり、「ヒト幹細胞培養液」として、今では、化粧品分野においても、新素材として注目されています。それでは、美容クリニックにおいては、利用されている培養していない「幹細胞」はどのような活用をされているのでしょうか?

ここでは、美容クリニックにおける幹細胞の活用についてご紹介したいと思います。

美容クリニックにおける幹細胞の活用方法とは?

安全性は問題ないの?

美容外科、美容皮膚科などの医療現場において、幹細胞を使用する再生医療を行う場合、厚生労働省が認めた「特定認定再生医療委員会」でその治療の妥当性、安全性、医師体制、細胞加工管理体制を審査され、適切と認められた場合に、幹細胞を用いた治療を行うことが出来ます。このように、大変厳しい審査がございますので、新たな美容医療においても患者さんは安心して施術を受けることが出来るのです。

美容クリニックでは、どのような事がおこなわれているの?

簡単にいうと、皮膚のシワ、たるみ、ほうれい線などのように、加齢とともに衰えるお肌や、薄毛や抜け毛などの毛髪の悩み部分をターゲットに、自分の細胞を培養して、気になる部分にその培養した細胞を戻し、再生します。

具体的な施術方法は?

患者さん自身の脂肪を抽出し、遠心分離機にかけて脂肪組織由来幹細胞を抽出し、それを注入する方法や、培養した毛入頭細胞を頭皮に移植し毛髪再生を行う方法、さらにコラーゲンやヒアルロン酸注射を利用したシワの治療などがあります。

また、顔全体や胸、体型などの若返りを目的とする場合は、組織を増大する為、メスを使用した施術では傷が残ってしまいます。そこで、見た目の美しさからも傷を残さないよう、注入による治療が優れています。

iPS細胞と脂肪組織由来幹細胞の違いは?

iPS細胞とは・・・

またの名を「人工多能性幹細胞」といい、自分ではない人間の皮膚などの体細胞に少数の因子を導入に培養し、人工的に作られた幹細胞のことをいいます。

iPS細胞は皮膚や毛髪など、さまざまな細胞から作製することができますが、幹細胞の量が少ないため、培養させることが必要となります。そのため、コストと時間を要するので、治療費が高額になります。

脂肪組織由来幹細胞とは・・・

自分の脂肪内に存在する幹細胞のことをいいます。脂肪組織内には、大変多くの幹細胞が存在しておりますので、iPS細胞のような「培養」の必要がありません。その為、コスト的にもiPS細胞に比べれば、利用しやすい価格です。

利用目的によって使い分けされています。

医療現場においては、iPS細胞は臓器そのものを再生するのに使用されるのに対して、脂肪組織由来幹細胞は、臓器の修復に向いていると言われています。また、脂肪組織由来幹細胞は、細胞から分泌されるタンパク質の一種で、細胞の活性化や修復に作用するサイトカインがiPS細胞よりも多く生成されることが分かっており、美容を目的とする場合は、脂肪組織由来幹細胞が使われます。 

まとめ

自分の幹細胞であれば安心ですね。ただ、現時点では、美容クリニックなどで「肪組織由来幹細胞」を利用した施術を行う場合は、50万円から150万円と高額なものになりますので、試したくても、なかなか簡単ではなさそうです。

 

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 毎日のお手入れは「ヒト幹細胞培美容液」を ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら