ヒト幹細胞化粧品が高額な理由は?

 

ヒト幹細胞培養液は様々な増殖因子を分泌することで、コラーゲンを生成し、お肌のハリや弾力UPをする働きがあることが明らかになっています。

ように「ヒト幹細胞培養液」は皮膚から成分を浸透させるのではなく、皮膚本来の機能を呼び起こす成分で、従来の化粧品原料とは全くメカニズムが異なるものなのです。

このように、成分的には大変優れ注目されているのですが、商品は比較的高額な商品が多いのも確かです。そこで「どうして、ヒト幹細胞化粧品は高額なの!?」という疑問にお答えすべく、ここでは、ヒト肝細胞化粧品が高額な理由をご紹介したいと思います。

幹細胞培養液が誕生した経緯は?

幹細胞培養液は、再生医療を行う、医療現場において幹細胞を培養している中で誕生したものです。幹細胞を培養する際に「分泌液」がでるのですが、この分泌液にサイトカイン、成長因子(グロスファクター)、タンパク質など、数百、数千ともいわれる人の成長因や再生に関する有用性が高い生理活性物資質が含まれていることが分かったのです。

ヒト幹細胞培養液が配合された化粧品はどうして高額なの?

ヒト幹細胞培養液は、文字通り「人」の幹細胞を培養させるため、まずは若くて健全なドナーを探すことから始まります。そして、感染ウィルスや血液検査など多岐にわたる検査をし、そこから更に、選別されたドナーから細胞を採取します。また、ヒト幹細胞の培養工程はすべて無菌状態で行われるため、加熱による殺菌の必要がありません。

例えば、同じ再生医療から誕生したプラセンタもヒト幹細胞同様の美容成分が含まれており、豚由来などの動物性から植物由来など、存在していますが、化粧品原料として製品化される段階では、「加熱殺菌処理」が必要です。

このように加熱殺菌することで、殺菌がされ安全性は確保できますが、その際に多くの機能性が失われている可能性も否定できません。

このように、ヒト幹細胞の場合、医薬品レベルの環境下で無菌状態のまま製造されるため、有効成分をそのまま有した化粧品原料となりますが、ドナーの選別から医療レベルの製造管理を行っている為、通常の化粧品原料と比較すると高額になってしまうのです。

ヒト幹細胞培養液は、一度に、大量生産ができないのも高額の訳

このように、ドナーの選出から、厳しい検査を経て、無菌状態で医薬品レベルの厳しい工程で製造される「ヒト幹細胞培養液」は、化学物質から製造される原料のように、一度に大量生産することが困難です。

これも、ヒト幹細胞培養液が高額になる訳でもあるのです。

まとめ

ヒト幹細胞化粧品が高額な理由がお分かり頂けましたでしょうか?

他の化粧品と比較すると、高額な商品が多い「ヒト幹細胞化粧品」ではありますが、医薬品レベルの製造管理を行って製品化された原料という事で、安心して使っていただけるのではないでしょうか!

 

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ヒト幹細胞化粧品に興味のある方はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

エミュール リバースエッセンスの商品説明はこちら