抜け毛とシャンプーの関係は?実はシャンプーの残留が原因だった?!

 

最近では男女問わず、年齢とともに、抜け毛や薄毛が気になる方は増えてきているようです。また、抜け毛や薄毛を機にされるのは年配の方と思われるかもしれませんが、近年では10代から30代前半でも抜け毛や薄毛を気にする方も少なくありません。また毛髪に関する悩みというのは、仲の良い友人でもなかなか相談できないものですよね!

気になる方は、早めに対策を打って、正しいケアをするようにしましょう。

ここでは、そんなお悩みをお持ちの方に、抜け毛や薄毛とシャンプーの関連についてご紹介いたします。

また、予備軍だと感じられている方、これから先に不安のある方も是非目を通してみてくださいね。

シャンプーが抜け毛や薄毛の原因になることはあるの?

抜け毛や薄毛の原因は、年齢によるもの、ホルモンバランスによるもの、ストレスなど様々な原因が複雑に絡み合っている訳ですが、それ以外にも毎日使用している「シャンプー剤」が抜け毛や薄毛など、毛髪や頭皮のトラブルの原因になっているのではと、指摘されることもあるようです。そこで、シャンプーに含まれる成分についての基礎意識と、抜け毛や薄毛を悪化させている諸説について考えてみましょう。

シャンプーが抜け毛や薄毛の原因になっているという理由とは?

(1)主に合成界面活性剤をはじめとした、配合されている成分が、頭皮や毛髪にダメージを与えているかもしれない?

お肌の弱い方やアトピー体質のかたは、配合されている原材料が頭皮に合わず、頭皮にかゆみを感じたりして、清潔に保つどころか頭皮に負担をかけることになりかねません。知らず知らずのうちに、シャンプーが原因となって頭皮や毛髪にトラブルや負担をかけてしまう事もあります。

(2)シャンプー剤をきちんと洗い流さないため、頭皮や毛髪に残留していることが原因かも?

洗髪時に、シャンプーやリンス、トリートメントがきちんと洗い流されていないため、毛穴にシャンプーやリンスやトリートメントなどの洗い残しが毛穴に詰まったり、皮膚に残留する為、頭皮のかゆみや炎症を起こすなどのトラブルを招いたり、毛髪の育成に影響を与え、抜け毛や薄毛の原因となっている。

(3)洗いすぎにより皮脂分泌が過多になっている事が原因?

全体的に合成界面活性剤の洗浄力は強いものが多く、それにも関わらず、朝と夜の1日2回洗髪をするなど、過剰な洗髪によって本来頭皮に必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。すると頭皮は必要な皮脂を一生懸命補おうとする結果、逆に皮脂の分泌が過剰となり皮脂が増えることで、頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまい、正常な毛髪の育成が妨げられることがあります。

抜け毛や薄毛の原因がシャンプーの場合の対策は?

とにかく、シャンプーやリンス、トリートメントなどの残留がないように、毛穴の底までキレイに洗い流してください。特に中高生の若い女性の間では、シャンプーやリンスの香りを髪に残したいからといって、あえてすすぎを軽くしているのだとか・・・。始めて聞いた時は衝撃的でしたが、他の方でも親御さんが、同じことをおっしゃっていた方もいらっしゃいましたので、くれぐれも、毛穴や頭皮にシャンプーやリンスを残したままにしないよう、きちんと洗い流して下さいね!

 

               ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 毛穴の底まで洗浄するなら、マイクロナノバブルシャワーがおススメ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら