子供やお肌の弱い人でも「泡風呂」を使っても大丈夫ですか?

 

一日が終わってお風呂は疲れたカラダを癒してくれる至福の時間です。その日の気分で入浴剤を選んでいるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

特に、ふわふわモコモコの泡風呂はちょっと贅沢な気分になって、大人も子供もテンションがあがりますよね!

ここでは、一般的な泡風呂入浴剤と、お肌の弱い方やお子様の安心の泡風呂「エミュールミネラルバスパウダー」についてご紹介いたします。

子供やお肌が弱い人が入っても大丈夫なの?

泡風呂は使ってみたいけれど、なんとなく、お肌の皮脂が取れすぎてカサカサになりそうとか、泡立ちの成分がお肌の刺激になりそうとか、子どもの目や口に入るのが心配で、使いたいけれど躊躇してしまう・・・という方もおおいのではないでしょうか?

そこで、一般的な泡風呂入浴剤と、エミュールミネラルバスパウダーの「泡」の発生方法について、調べてみました。

入浴剤の泡風呂はどうやって発生させているの?

泡風呂を発生させるほとんどの入浴剤は、シャンプーを泡立てる成分でおなじみの「ラウレス硫酸ナトリウム(ラウレス硫酸Na)」という合成界面活性剤が使われています。

ラウレス硫酸Naを配合することで、pHや水質が硬水軟水にかかわらず、泡立ちが良く、バスタブの湯にモコモコとした映画のワンシーンのような泡を発生させることが出来ます。

さらに、泡の持続させるために、油性成分を添加することもあります。

少なくとも、普通のお湯よりは、お肌に刺激がありますので、お子様やお肌の弱い方は日常的に使用するのは、おすすめできません。

エミュールミネラルバスパウダーはどやって泡を発生させているの?

エミュールミネラルバスパウダーの主成分「ミネラル塩」に含まれるアルカリ成分(炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウムなど)と11種類の「植物エキス」に含まれる植物オイルによって、天然成分でありながら、界面活性剤と同様の働きが発揮されます。

そこにシャワーや蛇口などから勢いよく水(お湯)を注いだり、撹拌することで、それぞれの相互作用によって泡がたちます

ただ、泡風呂の入浴剤として開発した訳ではなく、偶然配合された成分によって泡が立ちやすいものになった・・・というもので、浴槽にお湯を張ったあとに、ゆっくりと入浴剤を溶かせば、さほど泡は立ちませんし、合成界面活性剤が配合されている泡風呂入浴剤に比べて、持続性もございません。

エミュールミネラルバスパウダーは合成界面活性剤だけでなく、合成香料、着色料も一切使用しておりませんし、さらに水道水の残留塩素も緩和いたしますので、お子様やお肌の弱い方にもおススメです。もちろん、毎日お使いても何の心配もございません。

※泡の有無によって入浴効果に違いはございませんので、泡はあってもなくても、お肌スベスベの潤い効果や角質ケアの効果はございます。

まとめ

このように、商品によって泡の発生方法は異なります。

その為、泡風呂を購入する際は、裏面の「成分」をきちんと確認するようにしましょう。

また、成分を見ただけではわからないときには、お店の店員さんにきちんと確認してから購入することをお勧め致します。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 赤ちゃんや子供やお肌の弱い方にも安心の泡風呂はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら