寒冷蕁麻疹の原因と対策は?

 

寒冷蕁麻疹とは寒い場所にいたり、また冷たい飲みの物を一気に飲んだり、文字通り皮膚が冷えることが原因となっておこる蕁麻疹です。また大人だけでなく比較的子供にも多くみられる蕁麻疹です。ここでは、寒冷蕁麻疹の原因や症状や対策についてご紹介いたします。

寒冷蕁麻疹の原因は?

例えば、冬の寒い季節に冷たい風にあたったり、夏でもプールや海などで、全身が急激に冷やされたり、冷たい飲み物を一気に飲んだりした時などのように、季節に関係なく、皮膚の表面が急激に冷えた状態の時に起こる蕁麻疹です。

冬に発症する寒冷蕁麻疹の主な原因

・冬の寒い日に、素足で冷えたフローリングを歩く時

・外出時、洋服から出ている顔や手や足などが冷たい風にあたった時

・お風呂で体が温まった後に、脱衣所の室温が低い場合などの温度差がある場合

夏に発症する寒冷蕁麻疹の主な原因

・夏の暑い日に、外出先から戻り、いきなりクーラーの効いた部屋に入った時

・プールサイドや海水浴で日光浴をした後に、冷たいプールや海に入った時

・かき氷や氷の入った冷たい飲み物を飲んだり食べたりしたとき

・運動をして体が温まった直後に、クーラーの冷気にあたった時

寒冷蕁麻疹の症状は?

症状は一般的な蕁麻疹と同じような症状で、小さなブツブツができて、次第にそのブツブツがくっついて島のような形の膨疹(ぼうしん)になることも有り、次第に強いかゆみと皮膚が赤くなります。

これらの症状は、プールなどのように、全身が冷えた場合は全身に広がりますが、例えば冬の寒い季節に顔や足や手など、部分的に風にあたった場合は、冷えた部分だけに症状がでます。

また、酷くなると、ヒスタミンによって血管が拡張されることが原因となり血圧が低下することで、頭痛やめまいなどを生じることもあります。

寒冷蕁麻疹の対策

寒くなると体がかゆなるなど、心当たりがある方は、実は寒冷蕁麻疹を引き起こしている可能性もありますので、酷い時にはお医者様に相談しましょう。

また、そこまで酷くないかたでしたら、以下のような点を心がけて、様子を見てください。

冬に起こる寒冷蕁麻疹対策は?

・フローリングの場合は、カーペットを敷いたり、靴下やスリッパを履くようにして、直接冷たい床に足を接触させないようにしましょう。

・外出時の服装は、マフラーや手袋、長いズボンをはくなど、洋服から出ている顔や手や足などが冷たい風にあたらないようにしましょう。

・お風呂に入る時には、脱衣所にも暖房器具を設置して、室温を温めるようにしましょう。

・お風呂上りは湯冷めをしないように、カーディガンやひざ掛けなどをするようにしましょう。

夏に起こる寒冷蕁麻疹対策は?

・夏の暑い日や運動などをした後、クーラーなどの冷房器具が直接体にあたらないようにしましょう。

・かき氷や氷の入った冷たい飲み物などの飲み過ぎ、食べ過ぎには注意しましょう。

 

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 敏感肌の方へ、お肌に刺激を与えない入浴のすすめ! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら