フラーレンのスゴイ効果とは!?

 

皆さんは「フラーレン」という単語を聞いた事ありますか?

時々、美容雑誌やテレビの情報番組などで取り上げられる「フラーレン」ですが、中には「まったく知らない」「聞いたことはあるけれど、今更聞けない」・・・なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか!?ザックリというとフラーレンとは化粧品などに配合されている「美容成分」です。それでは、フラーレンについて詳しくご紹介したいと思います!

フラーレンの特徴は?

フラーレンはクロトー博士らの研究の功績によって、1996年にノーベル賞を受賞した、世界的にも注目を浴びている成分で、なんといってもビタミンCの約170倍といわれる抗酸化力が特徴です。

この強力な抗酸化力により、老化の原因となる活性酸素を無害化します。強い抗酸化力を持っていながら低刺激のため、美容業界も注目している成分で、すでに、多くの美容皮膚クリニックで使用されており、また、医療用途としての研究開発も行われています。

フラーレンの具体的な働きは?

抗酸化でよく知られているビタミンCの約170倍と言われ、非常に強い抗酸化力によって、老化の原因となる、「活性酸素」を除去し、酸化を防ぐ働きがあります。

紫外線を多く含む日光を浴びることで、人体が反応し活性酸素が発生し、それによりメラニンの増加や皮脂の酸化によって、シミやシワが発生します。つまり、活性酸素の発生を抑制することで、これらの発生も抑制することができるのです。また、活性酸素にもいろいろな種類がありますが、フラーレンは対応できる活性酸素の種類が豊富で、ほとんどの種類の活性酸素に対応することができます。

他の抗酸化成分との違いは?

ビタミンCをはじめ、アスタキサンチンやコエンザイムQ10など抗酸化成分と言われている成分は数多くありますが、他の成分とフラーレン違いは、なんといっても、その持続力と安定性です。他の抗酸化成分は、自分自身が身代わりとなって酸化されることで、肌の酸化を防ぎますが、フラーレンの場合は、活性酸素を吸着して酸化を防ぐのが特徴です。さらに、吸着できる活性酸素の種類も多く、しかも10時間以上も、持続することがわかっています。また紫外線が強くなる時期は、抗酸化成分は壊れやすくなりますが、フラーレンの場合は壊れにくく、高い安定性があります。

フラーレン配合化粧品はこんな人におススメです!

お肌の調子が全体的に優れないと感じるようになってきた方

年齢とともに、シミ・シワ・くすみなどが気になってきた方

お肌のハリがなくなってきたような感じがする方

エイジングケアを始めたいが、どんな化粧品を使ったらいいかお悩みの方

 

 

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ フラーレン配合のヒト幹細胞美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ヒト幹細胞培養液配合エミュールリバースエッセンスの商品説明はこちら