幹細胞化粧品の種類と特徴は?人気があるのは「ヒト由来幹細胞」!

 

最近話題の、「幹細胞化粧品」ですが「どのような幹細胞」から抽出された成分なのかで、その特徴や効果は異なります。そこで、細胞化粧品を使ってみようと検討されている方は、まずは、何由来の幹細胞があるのか、またその特徴を調べて、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

植物由来幹細胞とは?

植物由来の幹細胞は文字通り、植物の幹細胞を利用したもので、主に「リンゴ」

や「アルガン」などが有名です。そもそも植物肝細胞が注目されたのはスイスで奇跡のリンゴと言われた「ウトビラー・スパトラウパー」という長期保存ができるように品種改良されたリンゴで、そのまま放置しても4か月間腐らないという、驚きのリンゴです。その「ウトビラー・スパトラウパー」はというリンゴの幹細胞の抽出に成功したことが切っ掛けで「植物肝細胞」が注目されるようになりました。

植物由来幹細胞の特徴は?

植物由来幹細胞の中でも、特にリンゴとアルガンツリーから抽出されるエキスは、非常に抗酸化作用が強い事が特徴です。さらに保湿効果にも優れています。ただ残念ながらヒト由来のような情報伝達するための物質が存在していないため、ヒト由来成分程は期待できません。

ヒト由来幹細胞とは?

ヒト由来の幹細胞は人間の幹細胞を培養する際には、成長因子や酵素、コラーゲンといったさまざまなタンパク質が分泌されます。そのエキスがヒト幹細胞培養液です。エキスの中には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す司令塔ともいえる約150種類の成長因子が含まれているといわれています。

また、幹細胞から分泌される「幹細胞の培養液」で幹細胞そのものではありませんので、拒絶反応なの心配はなく、ヒト由来成分であることから、通常の美容成分よりも美肌効果が期待できます。

ヒト由来幹細胞の特徴は?

お肌を美しく健康に保つために、よく「細胞を活性化する」といいますよね。これはどういう事かというと、細胞の表面にはカギ穴(レセプター)のようなものが存在しており、そのカギ穴にぴったりとあうカギ(リガンド)が結びついた時に、細胞の活性化がおこります。この状態になった時が「細胞が活性化している」状態となるわけです。

「ヒト幹細胞」には、カギとカギ穴になる成長因子や情報伝達物質などが豊富に含まれていることが分かっており、よって「細胞を活性化させる」ことができるという特徴があります。

このような仕組みは、ヒト由来成分によるものですがので、植物由来では確認することが出来ません。

 人気は「ヒト由来幹細胞」

前述しましたように、ヒト由来幹細胞は情報伝達因子といわれている、サイトカインや成長因子(グロスファクター)が豊富に含まれており、実際に肌の細胞に働きかけます。このように加齢とともに減少する成長因子を補うことで、細胞が活性化して、肌のターンオーバーを促しますので、使用し続けることでお肌の状態があきらかに変化し、体感することが出来るため、幹細胞コスメの中では「ヒト由来」の人気が高まっているようです。

まとめ

幹細胞には大きく分けてヒト由来と植物由来があることが分かりました。やはり人にはヒト由来の方が効果的なようです!肌年齢が気になる方やエイジングケアを考え始めた方はお試しになってみてはいかがでしょうか!

 

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ヒト幹細胞培養液配合の美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ヒト幹細胞培養液配合エミュールリバースエッセンスの商品説明はこちら