話題の「ヒト幹細胞コスメ」とは?

 

ヒト幹細胞コスメとは、簡単にいうとヒトの幹細胞を培養する際に、分泌されるタンパク質成分で成長因子(グロスファクター)やSOD(抗酸化酵素/活性酸素を分解する作用)など優れた生理活性作用を持つ成分が豊富に含まれている、美容成分で、皮膚の老化と損傷を防止し、皮膚組織の再生を促進する高機能性生物素材です。

ヒト幹細胞コスメ=ヒト幹細胞培養液とは?

若い女性の腹部や太ももの脂肪に含まれる、ヒトの脂肪細胞から抽出した幹細胞を培養した際にでてくる、分泌物から作られた「エキス」で、正式な化粧品原料名を【ヒト脂肪細胞順化培養液エキス】といい、「ヒト脂肪細胞」とか「ヒト幹細胞」などとも呼ばれている、新しい化粧品原料です。

エイジングケアに役立つ、この「ヒト幹細胞培養液」には、約150種類のナノ化した成長因子(グロスファクター)が含まれており、この成分が配合された化粧品を俗に「ヒト幹細胞コスメ」といいます。

また、あくまでも、培養液であるため、「ヒトの幹細胞」が入っている訳ではありません。

ヒト幹細胞培養液に含まれる、主な成長因子(グロスファクター)とその効果

グロスファクターとは、一言でいうと司令塔。肌の主成分となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する役割が有ります。

■EGF:上皮成長因子

     細胞の成長と増殖の調整に必要な役割をする。シワ予防と解消。傷の回復を早める

■VEGF:血管内皮増殖因子

     新しい細胞を生産することでシワを防止・改善する。血行促進   

■TGF-β1:形質転換成長因子

     表皮細胞の成長、増殖、分化、コラーゲン合成やシワの回復を刺激

■KGF:ケラチノサイト成長因子

     新しい細胞生成機能により、シワを防ぎ回復。角質細胞の増殖

■PDGF:血小板由来成長因子

     損傷を受けた表皮細胞の再生を促進。コラーゲンの合成を促進し、シワを改善

今までのスキンケアとヒト幹細胞コスメを使ったスキンケアの違いは?

今までのスキンケア

今までのスキンケアは、例えば、乾燥して小じわができてしまったとか、紫外線を浴びてシミが出来てしまったとか、加齢によってほうれい線が気になるようになった・・・など自分の肌の状態を把握して気になる症状に効果的だと思われる成分を化粧品で補てんするイメージです。

ヒト幹細胞コスメを使ったスキンケア

お肌を美しく、健康にたもつためにはコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンなどが必要なのですが、これらの成分は加齢やストレス、紫外線や寝不足など不規則な生活習慣によっても減少してしまいます。その為、今までは、これらの不足したであろう成分を補うようなスキンケアをしてきました。

ところが、ヒト幹細胞培養液は、コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンなどを作り出す150種類以上の司令塔ともいえる成長因子(グロスファクター)を作り出すことができ、肌の幹細胞の働きを活性化させて、自分に本当に必要な成分を自らが生成できるようになるイメージです。

まとめ

今からヒト幹細胞培養液を使い続ければ、成長因子(グロスファクター)をしっかりと補充し、5年後、10年後にその差を見せつけてくれる成分とうことのようです。年齢肌が気になる方、ほうれい線や小じわが気になる方は、是非試してみてはいかがでしょうか!

 

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ヒト幹細胞培養液配合の美容液はこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ヒト幹細胞培養液配合エミュールリバースエッセンスの商品説明はこちら