意外に汚れているシャワーヘッド!掃除の方法は?

 

浴槽やお風呂の壁、洗面器などは掃除するのに、シャワーヘッドの掃除をするという方は意外にも少ないのではないでしょうか?

中には、「シャワーヘッドって掃除をする」なんて初めて聞いたなんて方もいらっしゃるのでは?ここでは、シャワーヘッドのお掃除の方法をご紹介します!

意外に汚れているシャワーヘッド

キレイな水が流れるシャワーヘッドではあるのですが、水垢やカルキなどが付着して、意外と汚れているのです。お風呂掃除をする際にシャワーのお湯が変な方向に向かって出ていることで、服が濡れてしまう・・・なんて場合は、散水板の穴に水道水に含まれているカルシウムなどのミネラルやカルキ汚れが付いている可能性があります。

また、シャワーヘッドに限らず、浴室の汚れをそのまま放置していると、カビが生える原因にもなりますので、こまめに掃除をするようにしましょう。

シャワーヘッドのお掃除に必要亜なものは?

・シャワーヘッドを浸け置きするためのバケツまたは洗面器

・歯ブラシやスポンジなど汚れを落とすもの

・洗剤としてカルキやカルシウムの成分を落としやすい、「クエン酸や酢やレモン」など

シャワーヘッドのお掃除の方法

【1】できればホースからシャワーヘッドを取り外す

汚れが落ちやすくなりますので、できれば、シャワーヘッドをホースから取外します。取り外し方ですが、普通はシャワーヘッドとホースの間がネジになってますので、力いっぱいひねってください。どうしても外れない方は、取り外さずそのままでも大丈夫です。

また、散水板やヘッド部分など、取り外せそうなものは取り外します。

この時、ゴムのパッキンなどにもカルキが付着していたり、劣化していないかを点検して、汚れがついている場合は、シャワーと一緒に洗浄し、劣化している場合は交換します。

【2】バケツに洗浄剤をとかして浸け置きする

バケツまたは洗面器にクエン酸やお酢などの洗浄剤をお湯で溶かし、シャワーヘッドを浸け置きします。時間は汚れ具合にもよりますが、1時間以上置くといいでしょう。おススメは家族がお風呂に入り終わった後に、シャワーを浸け置きして翌朝までつけておくのでもいいでしょう。

各洗浄剤の希釈目安

クエン酸の場合・・・クエン酸大さじ2~3杯、お湯(40度前後)2~2.5リットル

お酸の場合・・・・・お酢400cc、お湯(40度前後)2~2.5リットル

【3】浸け置きが終わったら、洗浄剤をよく洗い流します

また、洗い流しただけでは汚れが落ちにくい散水板やシャワーの吐水穴などはブラシやスポンジなどをつかってよく洗いましょう。

 まとめ

身体や髪をキレイにするためのシャワーヘッドですが、そのシャワーヘッド自体が汚れていたら元も子もありませんね!また、水垢やカルキが残っていることでお風呂にカビが生えやすくなりますので、シャワーヘッドを含めた浴室は常にキレイにして、気持ちよいバスタイムをお過ごしください♪

 

 

      ↓  ↓  ↓  お掃除が簡単なマイクロバブルナノバブルシャワーはこちら  ↓  ↓  ↓    

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら