マイクロバブルシャワーヘッドの3大効果とは?

 

毎日使うシャワーヘッド。浴びるだけで手間もなく美容や健康に良いシャワーヘッドがあったら最高だと思いませんか!実は、マイクロバブルシャワーヘッドはそんな夢のようなシャワーヘッドなんです!それでは、マイクロバブルシャワーヘッドの代表的な効果をご紹介しようと思います。

なんといっても、ずば抜けた洗浄効果!

あるメーカーでは、普通のシャワーヘッドと自社のマイクロナノブルシャワーヘッドの洗浄効果の試験をしたところ、マイクロバブルを発生しない一般的なシャワーヘッド比較をして、32%汚れが落ちる効果が高いという結果が出たそうです。

なぜ、普通のシャワーと比較して、マイクロバブルシャワーの方が汚れがおちるかというのは、特にお肌や頭皮の場合は、皮脂や汗また、シャンプーなどの洗浄剤が残りやすい毛穴の中までマイクロやナノサイズの泡が入り込みやすくなることで、シャワーを浴びることで、それらをスッキリと洗い流してくれます。その為残った汚れにとって発生しやすい嫌なニオイやお肌のトラブル、そして薄毛などの頭皮のトラブルなどが軽減されると考えられます。

浴びただけでしっとりの保湿効果!

普通、さら湯のお風呂に入った後や、シャワーを浴びた後はお肌がつっぱったように、カサカサになりますよね。ボディローションは必須!なんていう方も多いのではないでしょか。ところが驚いたことにマイクロバブルシャワーの場合、浸透性が高くなるためお肌がしっとりとして、お風呂あがりもツルツルしているという方も多いのです。

水分保持試験をしたところ・・・

あるメーカーでは、普通のシャワーヘッドと自社のマイクロナノブルシャワーヘッドで毛髪を使用した水分保持試験をしたそうです。試験方法は、それぞれのシャワーで濡らして、その後、同じ環境で自然乾燥させ、それぞれの髪の乾燥時間を比較する試験を行った結果、マイクロバブルを発生しない一般的なシャワーヘッドよりもマイクロバブルシャワーで髪を濡らした方の渇きが遅かったそうです。そのことから、マイクロバブルシャワーの水分の保持性が高いという結果になったそうです。

このように、体感や実験からは保湿効果がUPするという結果が得られているのですが、残念ながら実は、そのメカニズムはよくわかっていません。

これから、その辺りの研究が進んでくることを期待したいですね!

知る人ぞ知る、マイクロバブルの保温効果とは

あるメーカーでは、サーモグラフィーを使っての他社のマイクロバブルシャワーヘッドと自社のマイクロナノブルシャワーヘッドお保温効果を比較したところ、明らかに自社のシャワーの方が時間がたっても肌表面の温度が高いという結果が出たそうです。

では、そもそもシャワーなのにどうして保温効果があるのでしょうか?

実は保湿効果同様に、正式にはどのようなメカニズムで保温効果があるのかはわかっていませんが、色々と仮説はあるようです。

バブルのサイズが20~50ミクロンのマイクロバブルシャワーヘッドの場合

マイクロバブルがお肌に吸着することで、熱が肌から逃げにくくなることで、温浴効果が継続されやすくなるというもの。

バブルのサイズがナノサイズのマイクロバブルシャワーヘッドの場合

毛穴に入り込んだバブルが毛細血管を刺激して血流が良くなること、そしてナノバブルが発生することで水がまとわりつく効果が高まりますので、さらに保温効果が高まると考えられています。

環境面でも期待!河川の浄化作用

汚染された湖や河川の水質浄化が期待できます。

そのメカニズムですが、炭化水素やタンパク質などの有機物質が増えると、これらを餌とする微生物が増殖しそのため、水中の溶存酸素が減少してしまいます。

酸欠状態となった河川は、硫化水素やメタンガスなど有害なガスが発生し悪臭を発して河川が汚染された状態となります。

ここで、汚染された湖や河川にマイクロバブルを発生させることで、酸欠状態だった水中に溶存酸素が増えることで、微生物が呼吸できるようになりその呼吸反応で有機性汚染物質は分解され、水質が浄化されるというメカニズムです!

まとめ

現段階では、マイクロバブルやマイクロナノバブルはそれぞれの効果に対する試験をすれば、それなりの効果はきちんとでるのですが、残念ながらメカニズムの解明ができていないのが現状です。とにかく水と空気からできる微細な泡がこれだけ、色々な効果があるのは、ある意味不思議な感じがしますが、スゴイものであることは確かです!これから色々な事が解明され人や環境に貢献してくれることを期待しましょう。

 

 

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 洗浄力32%UPのマイクロナノブルシャワーはこちら ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら