入浴剤をいれた残り湯で洗濯できますか?

 

毎日の洗濯に使うお水ですが、みなさんはお風呂の残り湯を使う派ですか?それとも水道水派ですか?経済的にも環境面でも、お風呂の残り湯が使えたらいいですよね!また、入浴後のお湯は汚れているのでは・・・?と心配される方もいらっしゃるようですが、家庭のお風呂の残り湯の汚れは、心配するほどの汚れではありません。そこで、入浴剤を入れたあとの残り湯を洗濯に使用する時の気になる点や注意点をご紹介します!

どんな入浴剤でも残り湯はつかえるの?

市販されているほとんどの入浴剤は、パッケージに洗濯に使えるかどうかが、明記されていますので、確認しましょう。また、「洗濯には使用できません」と明記されているものや、気になる場合は、メーカーに問い合わせをするか、風呂釜メーカーに確認することをお勧めします。

入浴剤を入れた残り湯で洗濯をする際の注意点

すすぎは清水で!

残り湯で洗濯をしたあと、すすぐ時には清水(水道水)を使用してください。色がついている入浴剤の場合、柔軟剤のカチオンという成分が入浴剤の色と反応して、洗濯物に色が残ってしまう可能性があります。また、残り湯には雑菌が多いため、洗濯物が臭くなる原因にもなるため、すすぎは残り湯を使用せず、清水を使用しましょう。

残り湯と柔軟剤は一緒に使わない!

柔軟剤を入れる際、入浴剤をいれた残り湯を使用すると、色がついている入浴剤の場合、その色素が洗濯ものにうつる可能性がありますので、残り湯で洗った後は清水でよくすすぎ、柔軟剤を使用するようにしてください。

入浴剤を入れた残り湯で浸け置きしない

色がついている入浴剤の場合、長時間浸け置きすることで、入浴剤の色素が洗濯ものにうつる可能性がたかくなりますので、浸け置きは避けましょう。

おろしたての洋服には使わない!

おろしたての洋服の場合、柔軟仕上げがされている場合がありますので、洋服を着る前に、一度清水で洗うか、残り湯は使用しないようにしてください。

 残り湯を使うと汚れが落ちやすくなる?

入浴剤を入れた場合も、入れないさら湯の場合も、衣類に付着した皮脂汚れなどは、温度の低い水よりも温度の高いお湯の方が、汚れが落ちやすくなり、洗浄効果が高まります。また、お肌の弱い方で刺激の強い洗剤はなるべく使用したくない方や、環境のためにも「洗濯石けん」を使用している方は「洗濯石けん」は水には溶けにくいため、わざわざお湯を準備しなければなりませんが、残り湯をつかえば、お湯を準備する手間も省けて便利です!

 

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 無着色・無香料の天然ミネラル入浴剤だから、残り湯をお洗濯に使って安心♪ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら