人間もペットも嬉しい♪マイクロバブルで洗浄力UP!

 

最近では、百貨店などのシャワーヘッド売場で「マイクロバブルシャワーヘッド」を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、ペットを飼っていらっしゃる方は、トリミングサロンなどでオプションとして「マイクロバブルコース」があって、既にご利用されている方もいらっしゃるのではと思います。そもそも、水と空気で作り出す泡「マイクロバブル」や「ナノバブル」とは何なんでしょうか?

マイクロバブルやナノバブルとは?

「マイクロバブル」のサイズは約20μm(マイクロメートル)~数十μmの泡のことをいい、「ナノバブル」とはマイクロバブルよりもさらに極小の1のμm以下のナノサイズのバブルのことをいいます。

1μm(マイクロメートル)は1mmの1000分の1のサイズと同じです。

ちなみに1μmは1000nm(ナノメートル)で、1mmの100万分の1と同じサイズです。

こんな風にいっても分かりにくいので、他のものに例えていうと、こんな感じで、要は極小のバブルということです。

■毛穴・・・・・・・・・・・・・約100μm~300μm

■髪の毛・・・・・・・・・・・・約70μm

■花粉・・・・・・・・・・・・・約20μm

■風邪などの病気のウィルス・・・約0.02~0.3μm

どれだけ小さい泡かご理解頂けましたか?

このように極小の泡のため、マイクロバブルの泡を確認しようと例えば浴槽に、マイクロバブルを発生させたお湯をはった場合、お湯が白っぽくなり白濁したように見えます。

これはバブルが小さいため、泡としては確認できず、白濁したように見えるためです。

では、さらに小さい「ナノバブル」の場合はどうなるのでしょうか?

ナノバブルの場合、ナノサイズの泡はウィルスと同じ位のサイズとなるため、目視はできないので、お湯にナノバブルが発生していても透明になります。これでは、バブルが発生しているか、していないか確認することが出来ませんが、実際に汚れを落とす実験をすると、明らかに洗浄力の違いがでます。

 マイクロバブルやナノバブルの特徴は?

上記でも少し記載しましたが、何と言っても洗浄力の高さです。マイクロバブルやそれよりもさらに小さいナノバブルは細かい泡が毛穴に入り込み、皮脂や汗などの汚れや、シャンプー剤などもスッキリと洗い流してくれるので、お肌の弱い方や頭皮の悩みがある方にはおすすめです。

また、ワンちゃんを買っている方は、どうしてもペットの特有のニオイが気になる方もいらっしゃると思いますが、マイクロバブルの洗浄力は、これらの臭いや、さらに、毛もフワフワと柔らかくなりますので、一石二鳥です!

 まとめ

水と空気から作られるバブルだからこそ、安心・安全です。そんなバブルが含まれたお水は洗浄力外にも、実は、体がポカポカと温まる保温効果や、お肌がしっとりする保湿効果もあるんですよ!そのお話はまた、別の機械に・・・♪

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら