頭皮がかゆいのはどうして?!原因と対策は?

 

頭皮の悩みの代表と言えば、抜け毛や薄毛ですが、同様に「頭皮がかゆい」というのもかなり深刻です。シャンプーをしているのに頭皮のかゆみが治まらない・・・そんな方は、まずは原因をしっかりと把握して正しい対策をしましょう。

頭皮がかゆい主な原因

炎症がおきている

何らかの原因で頭皮に炎症がおきている時に、洗髪をすることで血行がよくなり、さらにかゆみがひどくなることがあります。かゆみに耐えれらず、思うままに搔いてしまうと、悪化して、湿疹になったりかき壊して傷になってそこからばい菌が入ったりしてしまうことも有ります。出血を伴うかゆみの場合は、お医者様に相談し、きちんと対策をしましょう。

 パーマやカラーなどの薬剤で頭皮がダメージを受けている

美容院でパーマやカラーリングをすることで、頭皮にダメージを受けて、それが原因となって炎症がおきてかゆみがでることがあります。このような方は、頭皮だけでなくお肌全体が敏感な方が多いですので、敏感肌を自覚している方は、パーマやカラーリングの際も、美容師さんに、お肌が弱い事を伝えて、刺激の少ない薬剤を使うようにお願いするとよいでしょう。また、美容院でカラーリングをした時は、しっかりと洗い流してくれるので、大丈夫だと思いますが、ご自宅でカラーリングをする方は、しっかりと洗い流すようにしましょう。

 シャンプーやリンスの洗い残し

シャンプーやリンスをした後にしっかりと洗い流さなければ、いつまでも頭皮にシャンプーやリンスが残った状態となりそれが刺激となり、頭皮の炎症を引き起こす原因となります。身体を洗い流す時に、ボディソープが残っていたらヌルヌルとして気持ちが悪いですが、シャンプーの場合は、毛髪があるため少しシャンプーやリンスが残っていても気が付かないことが多いです。また、シャンプーのすすぎ残しが汚れと一緒に毛穴に残って、抜け毛やくせ毛の原因にもなるようですので、十分にすすぐようにしましょう。

 毛穴に皮脂が詰まっている

ストレスなどにより、過剰に皮脂が分泌されたり、皮脂の多い食生活を送っている場合、本来は、毛穴から分泌される老廃物が、毛穴に皮脂が詰まっていることで、排出されにくくなってしまいます。そして毛穴に詰まった皮脂は酸化され「過酸化脂質」という刺激物質に変わり、肌の刺激となって炎症が起こりかゆみが発症します。また皮脂が酸化することで皮脂が酸化した特有の嫌なニオイも出てきます。

頭皮が乾燥している

身体同様に、頭皮も乾燥をすると頭皮のバリア機能が低下するため、ちょっとした刺激でかゆみを生じます。洗髪をするときには、あまりゴシゴシと洗いすぎずに、すすぎのお湯の温度もあまり高い温度ですすぐと必要な皮脂まで洗い流してしまうので、40度前後の温度で流すようにしましょう。

 

まとめ

頭皮はゴシゴシと洗いすぎてもいけないし、洗わなければ毛穴に皮脂や汚れが詰まるし・・・頭皮のケアは結構難しいですよね!

そんな時は、毛穴よりも小さい泡がでる「マイクロバブルシャワー」なら毛穴の底まで洗浄してくれるので、おすすめですよ!

頭皮のかゆみは、少し注意をすれば、改善できそうなものもありますが、酷い場合は、専門家(皮膚科)の診療を受けましょう。

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら