「かゆみ」を和らげるにはどうしたらいいの?

 

かゆみは痛みよりも辛い!!という方もいるくらい、かゆみはまわりの人が思っている以上に辛く、我慢するのは大変な事です。

しかし、「かゆい」からと言って思いのままにポリポリと搔いた時は、気持ちがいいのですが、掻くことで「ヒスタミン」というかゆみの原因物質が放出されてかゆみを倍増させてしまいます。

そこで「ヒスタミン」を増やさないためにも、とにかく搔かないようにするこが大切でなのす。

そこで、主な「かゆみ」の原因と対処法をご紹介します。

 

皮膚がかゆくなる様々な原因

【原因1】 乾燥によるかゆみ

空気が乾燥している寒い季節はヒトの皮膚も乾燥しやすくなるため、腕や足は背中などの皮膚の表面が乾燥して、白い粉をふいたり、かゆくなったりします。

乾燥することで、肌のバリア機能が弱まることで、外部からの刺激や化学物質やハウスダストなどが皮膚に付着しやすくなり、それが刺激となってかゆみが発生します。

更にかゆいからと、思いのままにかきむしることで、手についた最近などが入り込み、炎症をお越してさらにかゆみが増してしまい、悪循環を引き起こします。

また、加齢に伴い、肌の潤いが失われたり、ホルモンのバランスが崩れることでも、皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみが起こる場合もあります。

【原因2】 アレルギー体質によるかゆみ

花粉症やハウスダストなどのアレルギー体質の方は、アレルゲンである花粉やほこりが体内にはいることで、くしゃみや鼻水が出たり、目の充血やかゆみ、皮膚のかゆみを発症します。また、食品やストレスなどが原因でじんましんのがでる場合も、皮膚に腫れとかゆみを引き起こし、大抵は数時間で消失しますが、場合によっては、繰り返し症状がでることもあります。

 【原因3】 虫さされによるかゆみ

虫に刺された場合のかゆみの原因には、ヒトは虫の唾液の唾液に対して、アレルギー反応を引き起こし、そのアレルギー反応によってかゆみを引き起こします。

また、何度も蚊のように、何度も刺されているうちに、ヒトは蚊の唾液を異物とみなして、アレルギー反応を示すようになって、かゆみにつながります。

【原因4】 あせもよるかゆみ

あせもは、汗の出る汗腺の出口が詰まるために汗がたまって炎症が起こっている状態のことを言います。皮膚のかゆみと同時に赤い湿疹が出てきます。

あせもは汗を大量にかく夏に多いですが、オムツでむれている赤ちゃんのお尻にもできやすいです。また、近年は住宅の気密性が高く、冬でも空調がしっかりと効いていて、部屋の中は温かいため、季節問わずあせもに悩む方が増えていると言われています。

 

かゆい時の対処法は?

【対処法1】ガリガリ・ポリポリ…かいてはいけません!

かゆいからといって、ガリガリ・ポリポリかいているとその時は、気持ちがよくても、皮膚を傷つけて出血したり、かゆみを引き起こす原因ぶっしつの「ヒスタミン」が皮膚を書いた時の刺激によって増殖し、さらにかゆくなる…という悪循環に陥ってしまいます。

その為、痒い時はんできるだけかかないように我慢してください。

 【対処法2】お風呂でゴシゴシと体をこすって洗わない!

体がかゆいと、「もしかしたら、体の汚れがおちていないから?」と思って、体をゴシゴシと念入りにこすって洗う方や、ゴシゴシ洗わないと体の汚れが落ちていない感じがする・・というかたがいらっしゃいますが、お風呂に浸かることで、角質が柔らかなっているところに、さらに体をこすり洗いすることで、余分な皮脂だけでなく、本来体にとって必要な皮脂や皮膚のバリア機能に必要なものまで、剥がしてしまい皮膚は無防備な状態となってしまいます。その為、体を洗う場合は、ナイロンタオルなどは避けて下さい。

本来は、浴槽につかるだけでも汗や皮脂などの汚れは十分におちていますので、洗う必要はないのですが、どうしても気になる方は、石鹸を泡立てて、優しく手で体を洗うようにしてください。

液体のボディソープは洗浄力が強いものが多いので、ヒトや環境にも優しい、石鹸がおススメです。

 【対処法3】お風呂やシャワーの温度や浸かる時間に注意

皮膚のかゆみ対策として浴槽に浸かる時は、38度位の少しぬるめのお湯にすると、皮膚への刺激が少なく、皮脂が取れすぎるのを防ぐことが出来ます。

また皮膚にとっては、長く浸かりすぎもおススメできません。10分位つかるのがおススメです。

 【対処法4】どうしてもかゆい時は冷やすのがおススメです

かゆみが強い時は、「冷やしたタオル」や「ビニール袋に氷を入れて、タオルを巻いたもの」を幹部にあてたりするとかゆみが少し和らぎます。どうしてもかゆみがおさまらないときには、お医者様に相談したり、薬局で薬剤師さんに相談し市販のかゆみ止めをつかうのも良いでしょう。

 

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら