育毛・脱毛におすすめ、塩素除去シャワーヘッド!

近年、お水は買うもの・・・というのが定着してきましたが、昔は、水道の蛇口をひねって、直接お水を飲んでいましたよね。でも水道水は、カルキ臭いとか、おいしくない、といわれるようになり、浄水器を取り付けるご家庭が増えてきました。そして、外出先で飲む場合は、ペットボトルの水を買う・・・というように、日本全体が、水道水に含まれるカルキ(残留塩素)に対して、敏感になってきました。 

どうして残留塩素が入っているのでしょうか

私たちが普段生活をしていてでてくる、生活排水や企業からでてくる工場排水は、下水道を通り、浄水場にあつめられて、ろ過。殺菌、消毒され、再び水道水として、各家庭や企業に供給されます。その時に各家庭や企業の水道の蛇口まで、無菌状態にして安全に届けるために、塩素が入っているのです。更に、この塩素の濃度は水道法によって、最低でも0.1PPM以上の濃度でなければならないと決まっています。また、塩素は揮発性がある為、浄水場から近いところだと塩素濃度が高く、遠いところだと濃度が低くなるのですが、一番遠いところで、塩素濃度が0.1PPM以上でなければならないという決まりがあります。

残留塩素のメリットとデメリット

残留塩素のメリットは、水が安全に運ばれるために殺菌することです。世界の中でも蛇口をひねって、水道水をそのまま飲める国というのは少なく、なかでも、日本の水道水は世界一安全といわれていますが、それは、この残留塩素があるからなのです。逆にデメリットは、残留塩素の酸化力です。塩素は髪や肌のたんぱく質と付着して酸化させてしまいます。このように残留塩素は髪のキューティクルは剥がれ、そこから水分が漏れることで髪は潤いを失ってパサついてしまいます。さらには脱毛をも促すといわれています。また、浄水場で塩素殺菌を行う際に発生する発がん性物質であるトリハロメタンは、アトピー性皮膚炎の原因の一つともいわれています。

気を付けるのは、飲み水だけではありません!お風呂のお湯の残留塩素も気を付けましょう

お風呂場の残留塩素の場合、シャワーヘッドであれば、塩素除去機能つきのシャワーヘッドが販売されていますので、交換してみてはいかがでしょうか?
塩素除去のシャワーヘッドに交換したことで、肌荒れやアトピーが改善されたり、抜け毛が減った、髪のパサつきが収まったなど、効果を体感するかたはたくさんいらっしゃるようです!
また、浴槽のお風呂のお湯の残留塩素に関しては、塩素除去効果がある入浴剤を入れることで簡単に塩素を除去することができます。ちなみに、入浴剤ならなんでも塩素を除去するとおもわれている方もいらっしゃるようなのですが、入浴剤の種類によっては、塩素を除去しないものもありますので、きちんと確認するようにしましょう。

育毛におすすめのシャワーヘッド

また、塩素除去のシャワーヘッド以外にも育毛や、髪や頭皮のトラブルなどにおすすめしたいのは、マイクロバブルシャワーヘッドです。
最近は、美容室のシャンプー台でも採用されている店舗が増えてきています。
マイクロバブルシャワーヘッドは、その名の通り、ミクロの泡を発生させることができるシャワーヘッドで、毛穴の皮脂や汚れ、更には、シャンプー剤など毛穴よりも小さいマイクロバブルが、毛穴の底の汚れまできちんと洗浄してくれます。
頭皮がかゆい方は、汚れやシャンプーがきっちりと洗い流されていない可能性がありますが、マイクロバブルのシャワーヘッドに変えてから、痒みがなくなったという方も多いようです。また、美容師さんと言えば、仕事柄、毎日何十人もの方をシャンプーするため、手荒れが酷いというイメージですが、マイクロバブルシャワーにすることで、美容師さんの手荒れも改善されるいう報告もあるようです…髪にも肌にもいいマイクロバブルシャワーヘッドは、ひそかに人気を集めているようです。

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら