シャワーヘッドのバブルのサイズの違いがもたらす効果の違い

通常のシャワーヘッドよりも極めて小さい泡(マイクロバブル)を放出することができるマイクロバブルシャワーヘッドですが、実は各メーカー・商品によって泡のサイズが異なります。この泡のサイズの違いが効果の違いを生むと言われており、マイクロバブルシャワーヘッドを選ぶ際にとても重要なポイントになります。ここでは、マイクロバブルシャワーヘッドの泡のサイズがもたらす効果の違いについてご紹介します。 

マイクロバブルにはどの様な効果があるのか?

最近、美容アイテムや健康アイテムとして注目を集めているのが、マイクロバブルシャワーヘッドです。ミリよりも更に小さいマイクロ単位の微細な泡を浴びることで、様々な美容効果や身体に良い効果を得られると言われています。
具体的な効果としては、マイクロバブルが毛穴やしわなどの小さい隙間に入り込み汚れを吸着して洗い流す効果や、毛細血管を適度に刺激することで血行を促進する効果などが挙げられます。これらの効果は、バブルのサイズが大きく関係しているとされています。

バブルのサイズが効果の違いを生む!?

小さな隙間へ入り込む力の違い

通常のシャワーヘッドの泡のサイズは、約1ミリメートル(1000マイクロメートル)くらいであることが一般的です。一方で、マイクロバブルシャワーヘッドはおよそ20~50マイクロメートル程と、非常に小さな泡を放出することができます。また、マイクロバブルシャワーヘッドの中には、マイクロよりも更に小さいナノサイズの泡を放出することができるものもあります。(ナノバブルシャワーヘッド)
この泡のサイズの違いは、汚れを除去する力に違いを生みます。毛穴やシワなどの非常に小さい隙間に入り込んで汚れを吸着し洗い流すには、泡のサイズが非常に重要になるためです。

お肌に浸透する水分量の違い

マイクロバブルシャワーヘッドは、毛穴やシワなどの小さな隙間に入り込んだ汚れを除去すると同時に、肌の内側にまで水分を浸透させることができます。また、肌の潤いをより長時間保つことができるという効果もあり、お風呂上りにしっとりとしたお肌を実感することができます。通常のシャワーだと、肌へ入り込む前に肌の表面で水泡が弾けてしまい、肌の内部まで潤いを与えることはできません。

保温効果の違い

マイクロバブルシャワーヘッドの微細な泡は、肌の表面に長く吸着する性質があるとされています。薄い空気の膜を肌の表面に張ることができますので、その膜の働きによって体内の熱の放出を防いでくれるのです。バブルのサイズが大きいと、肌の表面にそう長く膜を張ることができないため、保温効果は低くなってしまいます。

バブルのサイズの違いは使い心地にも表れる

バブルのサイズの違いは、分かりやすい使い心地の違いにも表れます。代表的な使い心地の違いとしては、大きいサイズのバブルであれば肌に当たっているという感覚が強いのに対し、細かいバブルであればまるでシルクで肌を撫でているかのような感覚を得ることができます。

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら