シャワーヘッドで残留塩素を除去するメリットとは?

塩素を除去する機能の付いた様々なシャワーヘッドが販売されていますが、なぜ塩素を除去した方が良いのでしょうか?ここでは、塩素除去機能の付いたシャ ワーヘッドを使用するメリットについてご紹介します。お肌の弱い方やお子さまの肌荒れにお困りの方は必見です。

どうやって塩素を除去しているのか?

塩素除去が可能なシャワーヘッドは、ネック部分や散水盤に専用のフィルターやカートリッジを取り付けることで塩素を除去します。具体的には、シャワーヘッド内部で水中の残留塩素の化学反応を起こし、還元作用で塩素を除去する仕組みが一般的です。よって、定期的にフィルターやカートリッジを交換する必要があります。

塩素がお肌や髪に与える影響

肌荒れの原因となる

水道水には身体に害を与える濃度ではありませんが、わずかに塩素(残留塩素)が含まれています。塩素は人の肌に刺激の強い成分であるため、わずかではあっても長時間肌に浴び続けることで、肌荒れの原因になってしまうことがあります。
特に肌の敏感な方やお子さまには注意が必要で、湿疹やアトピーなどの重篤な皮膚トラブルを起こしてしまう原因にもなりかねません。また、これまで特に肌荒れを起こしたことの無い方であっても、肌荒れ予防のために塩素を除去しましょう。

髪のパサつきや傷みの原因になる

プールに入った後に髪がパサついた経験はありませんか?これはプール内の消毒用の塩素が原因であり、同じ様に水道水に含まれる残留塩素を浴び続けることで、髪のパサついてしまったり傷んでしまったりということに繋がります。
髪のパサつきや傷みへの対策として、入念にトリートメントやヘアパックをされる方が多いですが、それでもなかなか改善しないという場合には、残留塩素が原因ではないか疑いましょう。塩素を除去することで、徐々にではありますがツヤのある美しい髪を取り戻すことができます。

気化した塩素が与える影響

シャワーやお風呂のお湯に含まれる塩素は、わずかではありますが入浴中に気化します。塩素のニオイがする、何かイヤなニオイがするというときには、塩素が気化しています。あくまでわずかな量であるため、気化した塩素を吸い込んでしまうことで疾患が起こってしまうことは稀ですが、身体に良い影響を与えることはありません。

塩素を除去するデメリット

これまでにご紹介したように、塩素を除去するメリットは大きいと言えます。しかし、逆に塩素を除去するデメリットも存在します。一人暮らしの方でお風呂のお湯を毎日張り替えないという方や、ご家族の入浴のタイミングがバラバラという場合は、注意が必要です。
塩素は、水の消毒・殺菌のために用いられており、塩素を除去してしまうことで雑菌が繁殖しやすくなります。非常に不衛生ですし肌荒れなどの原因にもなってしまうため、注意しましょう。

エミュール マイクロバブル・ナノシャワーの商品説明はこちら