高級な入浴剤の違い・嬉しい効果

高級デパートや百貨店では、一回1,000円もするような高級入浴剤が販売されています。効果・効能が違うのだろう、ハイブランドの入浴剤だから、となん となく高級な理由はイメージできますが、具体的に普通の入浴剤と何が違うのでしょうか?ここでは、高級な入浴剤の違いや嬉しい効果についてご紹介します。

高級な入浴剤も、エステに行くのと比べれば安い?

入浴剤といっても価格は様々です。ドラッグストアなどによく置かれている大きい容器やお得用の箱に入った入浴剤は1回分が100円以下だったり、高級デパートや百貨店に置かれている高級入浴剤は1回分が1,000円近くするものもあったりします。同じ入浴剤でも、ここまで価格が違うのには何か大きな違いがあるはずですよね!
また、1回1,000円の入浴剤を毎日使うことは難しいですが、物は考えようで、全身ケアができる入浴剤であれば、エステと比較すると安いものかも知れません。

価格の違いは「成分」の違いによって生まれます

一般的な入浴剤には、塩化ナトリウムや炭酸水素ナトリウム・硫酸ナトリウムなど、化学的に合成された成分が配合されています。また、温泉のイメージや高級感を喚起するために、商品に合成の香料や着色料を配合して、鮮やかな色や豊かな香りを実現しています。
一方で、高級な入浴剤に配合されている成分は、天然原料由来・自然由来のミネラルや植物性エキスであることが一般的です。例えば「死海の塩」などが代表的であり、天然のマグネシウムやカリウム・ナトリウム・カルシウムなどの様々な天然ミネラルが含まれています。
美容ケアや健康維持のためには、化学合成成分よりも天然のミネラルの方が、身体に良いとされています。また、お肌が弱い方や敏感な方も、天然由来の成分であればお肌への刺激が少ないため、安心して使用することができます。

成分の違いは「効果」の違い!

成分の違いによって価格の違いが生まれ、成分の違いは効果の違いを生みます。高級な入浴剤は、お肌に優しい天然由来の成分を多く含んでおり、保湿効果や保温効果に優れています。また、人工の香料や着色料とは異なる、自然の豊かな香りや色を楽しむことができるため、リラックス効果も高いと言われています。
もちろん、高級な入浴剤でなくても、入浴剤を入れることで身体を温めたり、お肌を保湿することはできます。また、色や香りも楽しむことができます。しかし、入浴剤に含まれる化学合成成分が肌荒れや乾燥肌の原因になってしまうといったデメリットも知っておく必要があります。
また、天然由来の成分が配合された高級入浴剤であっても、お肌が極めて弱い方であれば、塩化ナトリウムなどがお肌に悪影響を与えて、肌荒れが悪化してしまうケースもあります。自分のお肌に合った成分を知ること、また実際にその入浴剤を使用したお客様の声を確認してから購入すると良いでしょう。

水道水の残留塩素を除去する効果があるものも

高級な入浴剤の中には、水道水に含まれる残留塩素を除去する効果のある成分が含まれているものがあります。残留塩素は飲み水としては衛生上必要な成分ですが、肌に直接触れることで刺激を与え、肌荒れの原因になることがあります。高級な入浴剤すべてに残留塩素を除去する効果がある訳ではありませんので、成分にクエン酸などが含まれているものを選びましょう。

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら