子供のお肌におすすめ!入浴剤を使った保湿対策

「子供の肌がカサカサで粉をふいてしまっている」「寒い冬に子供が肌を掻きむしってしまい困っている」というようなお悩みを持つ方は多いのではないでしょ うか?肌の弱い子供や乾燥しやすい季節には、保湿効果のある入浴剤がおススメです。子供は、お風呂上がりの保湿クリームなどを嫌がりますので、入浴剤で保 湿をしてあげましょう。

子供の肌が乾燥するのはお風呂が原因?

子供の肌が乾燥する原因の一つはお風呂だと言われています。子供の肌は弱く、お湯に浸かることで、保湿成分のセラミドが流れてしまい、水分が奪われてしまうのです。しかしお風呂に入らないわけにはいきません。保湿対策として、肌を乾燥させないお風呂の入り方を知ることが大切です。

熱すぎるお風呂に入らない

お湯の温度は、ぬるめの38~40度とするようにしましょう。熱すぎるお風呂に入ってしまうと、体温を下げるために体内の水分が汗として流れ出し、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。

タオルでゴシゴシ身体を洗わない

タオルでゴシゴシと身体を洗ってしまうと、肌を傷つけ乾燥させてしまうことに繋がります。繊細でダメージを受けやすい子供お肌であれば、より気を付ける様にしましょう。具体的には、固めのナイロンタオルは避け、肌に優しいガーゼタオルやコットンタオルで身体を洗うようにしましょう。

保湿成分の入った入浴剤を使う

お風呂に入ることで血行が良くなり、体内の水分が蒸発しやすい状態になります。それを防ぐために、保湿成分の入った入浴剤を使いましょう。

子供にも安心して使える保湿成分の入った入浴剤

保湿成分が配合された入浴剤には、肌の表面の角質を柔らかくして、肌をなめらかにする効果があり、あせもやあかぎれなどの予防効果があります。しかし、入浴剤に含まれる成分を注意せずに使用してしまうと、逆に子供の肌を傷つけてしまうこともあります。どのような点に注意して入浴剤を選べばよいのでしょうか?子供にも安心して使える保湿成分の入った入浴剤の選び方をご紹介します。

天然由来の植物エキスが入った入浴剤

「無添加」「ベビー」と名のつく入浴剤には、保湿効果の高い天然由来の植物エキスが配合されています。植物エキスには、他にも消炎作用・鎮静作用、抗アレルギー作用などがあり、炎症や肌荒れに効果があるとされています。また、天然由来の植物エキスは、お肌へ刺激を与えることが無いため、アトピーやアレルギーといった肌トラブルを起こしやすい子供におすすめです。

セラミド配合の保湿入浴剤

肌の保湿成分として重要なセラミド。それを配合している入浴剤は、肌に潤いを与えてバリア機能を高め、外部からの刺激や乾燥にに対して強い肌を作ってくれます。他にも、ローヤルゼリーやシアバター、コラーゲンといった成分が配合された入浴剤は、保湿効果が高く、子供の保湿対策としてオススメです。

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら