入浴剤に使用期限はあるの?

プレゼントに貰ったまま忘れていた入浴剤や、機会が無くなかなか使えずにいた入浴剤など、あなたのお家にも隠れているのでは無いでしょうか?入浴剤は、お肌に直接触れるものですから、お肌に何か悪い影響を与えないか、古い入浴剤を使用することに不安を感じることもあるでしょう。入浴剤にも、食品や電池と同じ様に使用期限があるのでしょうか?詳しく解説します。

入浴剤に使用期限はありませんが、目安は3年

残念ながら、入浴剤に使用期限が記載されているケースはあまりありません。というのも、入浴剤には、時間の経過によって劣化しやすいものを除いて、使用期限を明示する義務が無いためです。それでは入浴剤には使用期限が無いということなのでしょうか?

答えは、「3年」を使用期限の目安としましょう。入浴剤の各メーカーは、化粧品と同じく、常温保存で製造後3年間は入浴剤の状態や品質が劣化しないことを目安に、製造している場合が多いためです。

3年を過ぎたら絶対に使わない方が良い?

使用期限の目安である3年を過ぎたからといって、入浴剤が人体に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。しかしながら、入浴剤のパウダーが固まってしまったり、香りがなくなってしまったり、効果が薄くなってしまったりと、品質が低下してしまっている可能性があるため注意が必要です。また、入浴剤の中には、以下のような劣化しやすいタイプのものがあります。

・炭酸ガス系・・・気泡が発生しにくくなってしまう。
・植物由来の成分配合・・・変色したり保湿効果が薄れてしまったりします。

また、3年未満の場合であっても、入浴剤から嫌な匂いがする・変色しているといったことがあれば、使用しないようにしましょう。

保管場所に注意しましょう

入浴剤を安心して使用するために、保管場所に注意しましょう。基本的な保管方法は、高温多湿の場所を避けて、涼しい場所に保管することです。入浴剤をお風呂のすぐ近くや浴室内に置いている方もいらっしゃると思いますが、入浴剤に含まれる成分が変化しやすくなってしまうため避けましょう。
また、フタをしっかりと閉めずに保管したり、気密性の低い他の容器に詰めかえたりすることも避けましょう。なるべく空気に触

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら