アトピーにお悩みの方におすすめ!入浴剤の選び方

かゆみやピリピリとした不快感のあるアトピー。年齢や性別を問わず、アトピーにお悩みの方は少なくありません。アトピーをキレイさっぱりに治してしまうことは難しいですが、アトピーの症状を和らげる効果のある入浴剤を使って、毎日のお風呂を楽しんでみてはいかがでしょうか?

アトピーってそもそもどんな症状?

正式名称は「アトピー性皮膚炎」で、身体の部位を選ばず全身にできてしまう、かゆみの強い慢性の湿疹です。食べ物や住環境などが原因で、突然アトピーを発症してしまうこともあり、最初は軽い症状でも、一度お肌に細菌が入り込んでしまうと悪化してしまうケースもあります。
重度のアトピーの方であれば、皮膚科などの専門医に相談して、塗り薬や飲み薬を処方してもらうことが基本となりますが、比較的軽い症状であれば毎日のケアで悪化を防ぎましょう。具体的には、皮膚のかさつきを抑えて炎症を静めることが大切で、お肌の潤いを保ってお肌に強い刺激を与えないようにすることがポイントです。

入浴剤を選ぶポイント

アトピー肌は非常にお肌が敏感な状態になっているため、入浴剤の選び方には注意が必要です。選び方を間違ってしまうと、かえってアトピーが悪化してしまうケースもあります。自分のお肌に合った正しい入浴剤を選んで、楽しいバスタイムを過ごして下さい!

添加物や化学成分が含まれていないか?

添加物や化学成分が含まれた入浴剤を使ってしまうと、肌に刺激を与えてしまい、アトピーが悪化してしまう可能性があります。具体的には、防腐剤・酸化防止剤・合成色素・着色料といった成分が含まれていないかチェックしましょう。
また、硫黄系の成分が含まれた入浴剤は、温泉気分を味わうことができ、お肌に良さそうなイメージを持ちがちですが、アトピー肌には刺激が強すぎるため避けましょう。同じ様に、炭酸ガス系の入浴剤も避けた方が良いでしょう。
一方で、「無添加」と表記がある入浴剤や、ヤシ油やオリーブ油などの天然由来の植物オイルが含まれている入浴剤は、お肌に優しく安心して使うことができるためお勧めです。

保湿効果は高いか?

肌が乾燥してしまうと、外部からの刺激を受けやすくなってしまい、アトピーが悪化してしまう原因となります。お肌に潤いを与えて保護する効果のある入浴剤を選ぶ様にしましょう。

塩素を除去する効果があるか?

飲み水としての安全性を高めるため、水道水には塩素(残留塩素)が含まれています。ですが、この残留塩素はお肌に刺激を与えるものであり、特にアトピー肌の方にとっては強い刺激になりかねません。入浴剤の中には、塩素除去効果のあるものがありますのでお勧めです。

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら