お風呂上がりのお肌の乾燥を防いで、入浴剤の効果を長続きさせる方法

乾燥肌や敏感肌にお悩みの方や、お肌が乾燥しやすくなる冬には、お風呂上がりに肌がピリピリ・ごわごわしてしまいます。乾燥対策として入浴剤を入れたお風呂に入っても、入浴中はお肌がしっとりしていたはずなのに、お風呂から上がったらとたんに乾燥してしまう、という経験のある方は多いでしょう。ここでは、入浴剤の効果を長持ちさせて、お肌の乾燥を防ぎ、寒い冬を乗り切る方法をご紹介します。

お風呂上りは最も乾燥しやすい時間

そもそも、お風呂上がりは最も乾燥しやすいタイミングであり、保湿効果の高い入浴剤入りのお風呂に浸かっていたとしても、肌が乾燥しやすい方であればすぐにカサカサ肌になってしまいます。

お風呂上がり肌が乾燥しやすい理由としては、まず、入浴中にお肌の表面にある保湿因子が水分中に溶け出してしまい、更に、お風呂から上がった後に肌に付着した水分が蒸発するのに合わせて、肌表面の必要な水分失われてしまうためです。

お肌の乾燥を防ぐポイント(入浴中のケア)

お風呂上がりのケアだけではなく、入浴の仕方を工夫することで、お肌の乾燥を防ぐことができます。

保湿効果の高い成分が含まれている入浴剤を選ぶ

お肌の乾燥を防ぐための方法としては、まず、保湿効果の高い入浴剤を入れてお風呂に浸かることをお勧めします。ただし、保湿効果のある入浴剤ならどれを選んでも効果が同じという訳ではないため、入浴後も保湿効果が長続きすると明記されている商品を選んだり、成分表をチェックしたりするようにしましょう。

具体的に、保湿効果を高める成分として、ヒアルロン酸やコラーゲン・セラミド・シアバターなどがあり、お風呂上がりの肌にもしっとりと潤いを与えてくれます。一方で、温泉等に含まれる硫黄は、肌の乾燥を助長させてしまうため、避けると良いでしょう。

熱いお風呂や長風呂は避ける

寒い冬や冷え症にお悩みの方であれば、ついつい熱いお風呂に入ってしまったり、長風呂してしまったりしがちですが、お肌が乾燥しやすくなる原因となるため、避けた方が良いでしょう。

熱いお湯や長時間お湯に浸かっていると、角質がふやけたり剥がれたりしてしまい、そこから肌を守る保湿因子が流れ出してしまいます。とは言っても、読書等をしながらリラックスしたいという場合には、38〜40度くらいのお湯に20〜30分程であれば問題ありません。

お肌の乾燥を防ぐポイント(お風呂上がりのケア)

お風呂から上がってからすぐに、しっかりと肌のお手入れをしてあげましょう。お風呂上がりの10分間が、カサカサ肌とプルプル肌の勝負の分かれ目になります!

きちんと体を拭きましょう

保湿効果の高い入浴剤を使っていたとしても、濡れた体のままでは、逆にお肌の乾燥が進んでしまいますので注意しましょう。柔らかく清潔なタオルで、優しくきちんと体を拭いてください。また、お風呂上がりにすぐにドライヤーを使用される方もいらっしゃると思いますが、ドライヤーの温風が顔や首に当たってしまうことで、お肌の乾燥が進んでしまうため、ドライヤーは保湿対策を行った後にしましょう。

寒い冬は特に、保湿ケアのスピードが重要!

お風呂でプルプルに潤ったお肌が乾燥する前に、素早くその潤いを閉じ込めてあげることが大切です。特に乾燥しやすい冬は、お風呂上がりから10分以内に、化粧水・乳液・クリームなどで保湿ケアを完了させましょう。お風呂上がりの10分間は、お肌の水分量が入浴前に比べて2倍程度になっています。このタイミングを逃さないよう、しっかりとスピーディーにケアを行いましょう!

エミュール ミネラルバスパウダーの商品説明はこちら