乾燥肌・混合肌・脂性肌・普通肌、肌タイプ見分け方とスキンケア方法

 

よく言われる肌タイプには、脂性肌、乾燥肌、混合肌、普通肌の4タイプがありますが、あなたの肌タイプが、どのタイプなのかをご存知ですか?

自分が思っていた肌タイプと実際の肌タイプが異なっていた場合、間違ったスキンケアをしてしまったり、それによって肌トラブルの原因になったりする可能性があります。

まずは、自分の肌タイプを、正しく把握して、スキンケアをすることが美肌への近道です。

それでは、今一度、肌タイプの見分け方と、それぞれのスキンケア方法を確認してみましょう。

■乾燥肌の特徴は?

・皮脂の分泌量や水分量のどちらも少なく、お肌全体がカサついた感じがする。
・入浴後や洗顔後などは、お肌がつっぱった感じやひきつった感じがする。
・キメは細かいが、目元や口元は小じわが気になりやすい。
・皮脂がでやすい、Tゾーンでも皮脂が出にくい。

 【乾燥肌の原因】

通常は、角質層にあるバリア機能が正常に働くことで、適度な皮脂がでて外的刺激からお肌の潤いを守ってくれています。
ところが、乾燥肌の場合は皮脂膜や細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)が何らかの原因で減少してしまい、そのためバリア機能が低下し、お肌の水分を保つことが出来ずに、乾燥してしまいます。

■混合肌の特徴は?

・皮脂の分泌は活発で、Tゾーンは脂っぽいが、水分量が少ないため、本質的なところでは、乾燥しやすい。 
・混合肌は、またの名を「インナードライ」とも言う。 
・キメは比較的粗く、お肌が全体的にゴワついたり、カサついたりしやすい。          
・Tゾーンや頬の脂浮がきになったり、毛穴の開きが目立ちやすい。 
・お肌が硬く、化粧崩れがしやすい。
・毛の周りや頬など、部分的に乾燥しやすく、つっぱった感じがする時がある。

【混合肌の原因】

混合肌の一番の原因はお肌の乾燥です。また、お肌が乾燥する原因においては、間違ったスキンケアによることが多く、さらにホルモンバランスの乱れや紫外線や空気の乾燥、大気汚染、花粉など様々なものがあげられます。また、乾燥することで、皮脂が過剰に分泌して、肌内部は乾燥しているのに、肌表面はオイリーな状態の…インナードライ状態になってしまいます。

■脂性肌の特徴は?

・皮脂の分泌量が多いため、脂っぽくべたついた感じがして、テカリが目立ちやすい。
・潤いや弾力性はあるが、キメは粗く、Tゾーンや頬の毛穴の開きや黒ずみが目立ちやすい。
・化粧崩れがしやすい。
・ツッパリ感はなく、目元や口元も乾燥しにくいため、小じわは気になりにくい。

【脂性肌の原因】

脂性肌の原因には、大きく3つあり、1つ目はホルモンバランスの乱れ、2つ目は偏った食生活、3つ目は間違ったスキンケアによるものがあります。
 特に、ホルモンバランスの乱れについて、皮脂の分泌には男性ホルモンのテストステロンや、女性ホルモンのプロゲステロンが増加することで、皮脂の分泌が促されて脂性肌に傾いてしまう事があります。 
また、テストステロンは思春期に、プロゲステロンは生理前に多く分泌されるホルモンで、思春期や生理前にニキビができやすい・・・というのは、このような理由からといえます。
さらに、食生活や生活習慣が乱れていたり、ストレスによっても、ホルモンバランスが崩れる原因にもなるので、お肌の為にも規則正しい生活が大切です。

■普通肌の特徴は?

・皮脂は適度にあり、水分は適量以上で、油分と水分のバランスが良いお肌です。
・お肌が潤っていることで、見た目には適度なツヤ感となめらかな感じがします。
・キメが整っていて、お肌をさわると柔らかい。
・Tゾーンの毛穴は多少目立つこともあるが、さほどでもなく、化粧のノリがよく、化粧崩れもしにくい、
 理想的なお肌です。

あなたのお肌は肌タイプ?セルフチェックの方法をご紹介!

■肌タイプのチェック方方法
朝起きて、洗顔をする前に、鏡でお顔をみて、以下の変化について確認します。

【普通肌の場合】べたついたり、カサついたりせず、気になることはない

【乾燥肌の場合】全体的にカサついていて、保湿したくなる

【脂性肌の場合】全体的にべたついていて、早く洗顔をしてさっぱりしたくなる

【混合肌の場合】Tゾーンなど、べたついているが口の周りや目の周りなどはカサついている。

 

各肌タイプの正しいスキンケアは?

■乾燥肌の正しいスキンケア

乾燥肌は水分、油分ともに不足している状態です。
その為、洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使ってしまうと、汚れだけでなく、
必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、洗浄力の強いものは避けるようにしましょう。
さらに洗顔をする時には、皮脂を取り過ぎないように、ぬるま湯で洗うようにします。

■混合肌の正しいスキンケア

混合肌の方の場合、夏は脂性肌、冬は乾燥肌など、季節や体調、
年齢などの要因で変化するという方も多くいらっしゃいます。
その為、自分は乾燥肌だと思って、化粧水やクリームをたっぷりつけていたら、
実は脂性肌に傾いていたり、逆に、脂性肌だと思って、クリームを控えめにしていたら、
乾燥肌になっていたりすることがあったります。
 このように、お肌にあっていないスキンケアをすることで大人ニキビなど、
肌トラブルの原因にもなります。
 そこで混合肌の方は、今、ご自分のお肌がどのような状態なのかを常に気にして、
お肌の状態にあったスキンケアをすることが大切です。

■脂性肌の正しいスキンケア

脂性肌の方の場合、皮脂を落とし過ぎないことがポイントです。
皮脂を抑えようとして、つい、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を選んだり、
何度も洗顔を繰り返したりしがちですが、皮脂には、お肌の乾燥を保護する役割もありますので、
洗いすぎると乾燥肌になり、乾燥を防ごうとして、さらに皮脂が多く分泌してしまい逆効果になるため、
皮脂の落としすぎは禁物です。

■普通肌の正しいスキンケア

普通肌の方は、お肌の水分量と皮脂量のバランスが良く、理想形のお肌の状態ですので、今のスキンケアを
継続していきましょう。
 ただ、今現在、普通肌であったとしても、加齢や環境などで、突然肌質が変わってしまう事もあります。
その為、混合肌の方同様に、常にご自分のお肌がどのような状態なのかを気にかけるようにしましょう。

まとめ

各お肌のタイプ別にスキンケアのポイントは有りますが、一つ共通点があるとしたら、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料ではなく、できるだけ、マイルドなものを使って、洗浄剤はしっかりと洗い流すことです。
 ここで、少し宣伝になりますが 😳 、水そのものに洗浄効果と保湿効果のある「エミュール ファインバブルシャワー」はススメです!
最近、色々なメーカーから「ファインバブルシャワー」は発売されていて、
どれを選んだら良いか悩んでしまう!という方は、
是非こちらのサイトを参考にしてみてくださいね 💡
☟ ☟ ☟ ☟ ☟
■ファインバブルシャワーの比較サイトはこちら☜

■エミュール ファインバブルシャワーはこちら☜

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m